進撃の巨人 ネタバレ 9話 心臓の鼓動が聞こえる

進撃の巨人 ネタバレ 9

心臓の鼓動が聞こえる

進撃の巨人 第9話 『心臓の鼓動が聞こえる』
あらすじのネタバレ・画バレ
感想、重要な展開、伏線・謎、考察まとめ

ついに謎の巨人の正体が判明

Sponsored Link
レク336

情報

漫画   進撃の巨人 9話
タイトル 心臓の鼓動が聞こえる
発売日  2010年5月9日
アーク  トロスト区戦
コミック 2巻の5章(最終章)
著者   諫山創
前回   進撃の巨人 8話『咆哮』
次回   進撃の巨人 特別編『リヴァイ兵士長』
     進撃の巨人 10話『左腕の行方』

トロスト区戦

これまでのあらすじ

850、エレンは第104期訓練兵団を卒業。再び現れた超大型巨人にトロスト区の外門のウォールローゼの壁を破られます。調査兵団不在の中、駐屯兵団と訓練兵団でトロスト区住民を守るべく戦いますが、多くの兵士が死亡し、エレンは巨人に飲み込まれます。住民の避難が完了し、トロスト区内門が閉門。生き残った104期は巨人が群がるトロスト区本部に、残り僅かのガスを使って命がけで突っ込みます。『巨人の弱点と格闘術を知っている謎の巨人』が、本部に群がる巨人を攻撃している隙に、104期はガスを補充して脱出する作戦に。

進撃の巨人 ネタバレ 9 話『心臓の鼓動が聞こえる』

あらすじまとめ

あらすじ

トロスト区攻防戦の続きです。

謎の巨人:『巨人の弱点と格闘術を知っている謎の巨人』が本部に群がる巨人を次々に倒します。

作戦準備:謎の巨人が本部の巨人の注意を引いている間に、本部の中にいる104期はガス補充室にいる巨人を排除する準備をします。アルミンは作戦を皆に説明します。

作戦開始:準備が整い作戦を開始します。リフトから巨人の目に鉄砲を撃つ班と、巨人に止めを刺す班、それぞれの位置につきます。ガス補給室には、3~4m級の巨人が7体います。銃を構えた大勢が乗っているリフトを降ろします。巨人がリフトに乗っている人間に十分に引きつけられた時、一斉に発砲します。そして、天井から7人が一斉に巨人に斬りかかります。コニーとサシャが急所を外し失敗します。サシャは覗き込む巨人に襲われますが、アニとミカサが援護にまわり巨人を仕留めます。補給室にいる全ての巨人を仕留めることに成功。ガスを補充し、本部から脱出します。

謎の巨人を救う:本部周辺にいるほぼ全ての巨人は、謎の巨人により倒されています。しかし、身体を再生しきれていない謎の巨人は、巨人に食われて身動きができなくなっています。ミカサは謎の巨人の謎を解明できれば、人類が巨人に勝てる術が見つかるかもしれないと考えます。ライナーは謎の巨人を助けようと言い、アニも強力な味方になってくれるかもしれないと後押しします。トーマスを食った奇行種が現れると、謎の巨人は最後の力をふり絞って、残りの巨人を次々に倒します。

謎の巨人の正体:力尽きて倒れた謎の巨人のうなじから人が出てきます。ミカサはエレンの姿を確認し、駆けつけます。抱きしめて胸に耳を当てると、ドクンドクンと心臓の音が聞こえます。切断されたはずの腕と足があり、エレンは生還します。ライナー、ベルトルト、アニ、ジャン、アルミンは唖然とします。

まとめ

重要な展開・事実

● 本部に到達した104期は、アルミンの作戦(詳細は下記)を実行し、補給室の3~4m級の巨人7体、全てを討伐
● ガスを補充し立体機動で本部から脱出
● 謎の巨人が本部周辺の巨人を全て倒す
● 謎の巨人のうなじからエレンが出てくる(詳細は下記)
● 生還したエレンには、巨人に食われたはずの腕と足がある
● 『通常種』の巨人は、より大勢の人間に反応する

アルミンの作戦

補充室の巨人討伐作戦

アルミンは、ガス補充室にいる7体の3~4m級の巨人を倒す作戦を編み出します。

1.リフトに大勢の人間が乗って補充室へ降りる
2.巨人がリフトにいる人間に引きつけられる
3.リフトから一斉に鉄砲を撃ち巨人の目を潰す
4.天井から7人が巨人のうなじに切りかかる

この作戦では、2つの班に分かれます。リフトから巨人の目に発砲する班と、天井から巨人に斬りかかる班です。

天井から巨人に斬りかかる7名:
ライナー、ベルトルト、アニ、サシャ、コニー、ミカサ、ジャンが天井から巨人に斬りかかる任務を負います。この7人は、第104期訓練兵団の成績上位10位に入った者です。成績上位10人のうち、7位のマルコだけは、リフトからの砲撃を担当します。この7人はアルミンが指名し、選んだ基準は『運動能力的に最も成功率が高そうな7人』です。

リフトから巨人の目に鉄砲する班:
アルミン、マルコを含む、止めを刺す7人以外がリフトから発砲し巨人の視力を奪います。

謎の巨人の正体

謎の巨人のうなじからエレンが出てきたことにより、謎の巨人の正体はエレンだと分かりました。謎の巨人は、巨人の弱点がうなじであることを知っていてうなじを狙って仕留めたり、格闘術を使って巨人を倒していました。どちらもエレンが習得しているものです。

伏線・謎

アルミンの伏線

第9話『心臓の鼓動が聞こえる』の伏線は、アルミンは『正解を導く力』を持っており、エレンとミカサはその力に命を救われたことがあるということです。

死亡者

第9話『心臓の鼓動が聞こえる』の死亡者は、
覗き込む巨人
トーマスを食った奇行種
進撃の巨人の死亡者と最期のシーン一覧

覗き込む巨人、トーマスを食った奇行種に似ているエルディア復権派のメンバーが86話『あの日』で登場します。

主要な登場人物

謎の巨人、サシャ・ブラウス、ライナー・ブラウン、ミカサ・アッカーマン、アニ・レオンハート、アルミン・アルレルト、コニー・スプリンガー、ジャン・キルシュタイン、マルコ・ボット、ベルトルト・フーバー、トーマス・ワグナー(回想)、覗き込む巨人(死亡)トーマスを食った奇行種(死亡)

まとめ

第9話『心臓の鼓動が聞こえる』は、トロスト区攻防戦の続きです。8話でトロスト区本部にガス切れで突っ込んだ104期は、補充室の巨人を全て倒し、ガスを補充し本部から脱出することに成功しました。

また、『巨人の弱点がうなじであることや格闘術を知っている謎の巨人』の正体はエレンだと分かりました。

■次回、
特別編『リヴァイ兵士長』【3重の壁と調査兵団】
進撃の巨人 10話『左腕の行方』のネタバレまとめ&考察

Sponsored Link
レク336
レク336

Share this post / シェアしてね(はぁと

Follow me / フォローする

Sponsored Link
トップへ戻る