進撃の巨人86話87話の新しい単語を画像でまとめ【図解】

進撃の巨人86話87話の新単語まとめ

進撃の巨人86話『あの日』の新しい単語まとめ

進撃の巨人86話『あの日』と87話『境界線』の新しい単語まとめ【図解】
エルディア復権派グリシャ・イェーガーがパラディ島の三重の壁に辿り着くまでの話で、地名、国名、組織名などの初登場の固有名詞が多く出てきます。

Sponsored Link
レク336

86話で初登場の単語

進撃の巨人86話『あの日』新しい単語

進撃の巨人86話『あの日』

エルディア人

エルディア人は、穢れた血であると迫害され、マーレ政府支配下の収容区で暮らす。

ユミルの民

ユミルの民=エルディア人。巨人になる力を持つ。

*『ユミルの民』は、イルゼの手帳で既出

エルディア人腕章

収容区の外で腕章を身に着けていないエルディア人は、パラディ島(楽園)に送られ無知性巨人にされる。

エルディア帝国

【グリシャ父(マーレ政府)情報】
エルディア帝国は、古代に『九つの巨人』の力を持ったエルディア人(ユミルの民)に築き上げられた国で、大国マーレを亡ぼした支配国である。他の民族を弾圧し、他民族に子を産ませてユミルの民を増やした(民族浄化)。エルディア帝国はマーレの内部工作により始った内戦の末、弱体化した。

【フクロウ情報】
エルディア人の始祖であるユミル・フリッツは大陸の発展に貢献した。

フクロウの歴史文献

フクロウがエルディア復権派に渡した歴史文献は、エルディア人が読めない古語で書かれている。マーレの歴史書と違い、古代エルディア帝国は大陸を発展させたなど良いことが書かれている。

エルディア復権派

反体制地下組織。エルディア復権派は、医療従事者で反マーレ政府のグリシャを誘い入れた後、活発化する。目的は、145代目フリッツ王がパラディ島の壁内に持ち込んだ『始祖の巨人』を取り戻し、マーレを倒すこと。ジークがマーレに密告したことにより、エルディア復権派は全員パラディ島に送られる。この時に無知性巨人となったエルディア復権派には、カルライーター覗き込む巨人エレンの足を食った巨人トーマスを食った奇行種髭の巨人が含まれる。

ダイナ・フリッツの一族

ダイナ・フリッツの一族は、巨人大戦末期、パラディ島に逃げず大陸に残ったエルディア人の王家一族である。一族は代々伝わる巨人の情報を持ちながら、エルディア人が立ち上がるまで収容区に潜伏していた。ダイナがエルディア復権派に加わった時、一族の末裔はダイナ一人だった。

パラディ島(楽園)

パラディ島は、エルディアの国土。145代目フリッツ王が3重の壁(エレンらが住む壁内)を造って逃げ込んだ島。『楽園』と呼ばれる。

非マーレ派のエルディア人残党

非マーレ派のエルディア人残党は、145代目フリッツ王に見捨てられ大陸に残ったエルディア人(グリシャの先祖・末裔とか)

マーレ

【グリシャ父(マーレ政府)情報】
マーレは、古代、エルディア帝国が内戦するよう仕向け弱らせる。エルディアが持つ『九つの巨人』の内、7つを奪い『巨人大戦』に勝つ。非マーレ派のエルディア人残党(グリシャの家族とか)に土地を与えて生かす。

【マーレ政府情報】
マーレ政府がエルディア人から『マーレの戦士』を募集した理由は、パラディ島に逃げたフリッツ王が宣戦布告したため。

【フクロウ情報】
マーレ政府が『マーレ戦士』を募集する理由は、『始祖の巨人』を奪い、パラディ島の化石燃料を手に入れ軍事力を増強し、世界の指導者の地位を守るため。

*マーレ政府の情報とフクロウの情報は違うとこがある

マーレ治安当局

マーレ治安当局は、エルディア人を監視するマーレの組織。クルーガーグロス曹長などが在籍。

エルディア人収容区

エルディア人収容区は、マーレ管理下で、大陸各地にある。

レベリオ収容区

レベリオ収容区は、グリシャ、フェイグリシャ父親グリシャ母親、ダイナらが住むエルディア人収容区。外へ出るには、外出許可証が必要。

マーレの戦士

マーレの戦士とは、マーレ政府が管理する『7つの巨人』を継承するエルディア人の子供のことである。マーレの戦士には、5歳~7歳の健康な男女が応募できる。ジーク、ライナー、ベルトルト、アニ、マルセル、四足歩行型の巨人の中の人間は、マーレの戦士に選ばれたエルディア人。

名誉マーレ人

名誉マーレ人とは、『マーレ戦士』に選ばれたエルディア人の子供の一族に与えられる称号。マーレの国で自由が与えられる。

巨人大戦

巨人大戦は、145代目フリッツ王が『始祖の巨人』を継承したことにより勃発。長く続いていた8つの巨人を分けた家同士の争いは、144代目フリッツ王までは『始祖の巨人』の力で抑えられていたが、145代目がその役割を放棄してパラディ島に逃げたため、争いが悪化した。

九つの巨人

9つの巨人まとめ画像

『始祖の巨人の力』を持つユミル・フリッツから派生した9つの巨人

『九つの巨人』とは、ユミル・フリッツが契約と引き換えに大地の悪魔から貰った『始祖の巨人』の力を9つの魂に分けた巨人。

八つの巨人

『八つの巨人』とは、『九つの巨人』のうち『始祖の巨人』を除く8つの巨人。

七つの巨人

『七つの巨人』とは、マーレがエルディアが持つ『九つの巨人』のうち奪った7つの巨人。マーレ政府が管理している。

関連記事:

Sponsored Link
レク336
レク336

Share this post / シェアしてね(はぁと

Follow me / フォローする

Sponsored Link

Comments

  1. 進撃の巨人 より:

     フクロウやダイナの話や、古語で書かれた歴史文献のグリシャ独自の解釈で出来ている、グリシャノートに記された「歴史」。
     それに基づくグリシャの主張は、845年にはロッド・レイスやフリーダとは全く相容れず惨劇を引き起こし、「偶然にも」同じタイミングで起きた壁ドンでの混乱を大きくして、領土や人口を大きく減らし(、850年の壁ドンは結果的には王政転覆をもたらし)ています。

     どうにもグリシャの歴史観は、彼の父(てかマーレ人)が「教える」歴史並みに胡散臭いです。マーレの戦士(ジーク・ライベル)とエルディア復権派が競って、壁中人類の国力を削っているようにしか見えません。

    • 進撃の巨人 より:

      >マーレの戦士(ジーク)とエルディア人が競い合って、壁中人類の国力を削っている

      グリシャの展望で妄訳された歴史書が”マーレの教える歴史並みに胡散臭い”というのその通りでしょうね。
      今話でエレンとグリシャがどれだけ親子として似ているのか、また、感情の起伏が非常に大きいグリシャの性格からも「真実を第三者視点で公平に語るのに向かない性格」というのがよくわかりました。

      なので、同じグリシャの息子のジークが肉親を告発した理由が気になってますね。
      調査兵団最後の特攻の際、「歴史」を知らずに特攻という過ちを繰り返す兵団の姿を見て、こんな虚しい現実を繰り返させる原因となっている壁中に逃げ込んだ145代フリッツ王政を怒り、うっかり手にしていた岩を握りつぶし「お前は父親とは違うだろ、もっとクールに」と言ってましたが、この時のジークの感情の小爆発は「マーレが化石燃料目的という私益の為に用意したマーレに忠実な尖兵」としては”矛盾する感情の表れ”のように思います。
      マーレに心から忠誠を誓っているなら、そもそも父親とは違って当然なので、調査兵団を見て歴史を繰り返す愚民と嘲笑すれこそ、哀れみを感じて怒るなんて感情はおろか、父親と違うなどと思う必要がないんです。
      じゃあ、父親と同じような感情を持っているのか?というわけにもならず、だから「なぜ肉親をマーレに告発したのか?」という疑問もあるのですが、それこそ「父親とは違う」のかな?と。
      じゃあ彼の最終目標ってなんだ?何のためにエレンを「救う」のか?と。
      そこらを考え、また「ジーク(Sieg 〇〇=〇〇に勝利を)」という名前の意味を考えると、やっぱり彼もマーレに対して何か思う事はある人なのかな?と思うんですが。。

      奥が深いなー、この漫画(;´Д`)

      • 進撃の巨人 より:

        壁内生まれのエルヴィンの父は「(息子の不注意による)密告」で逮捕され、命を落しました。
        大陸・収容区生まれのグリシャは「(息子の寝返りによる?)密告」で同志ごと、
         行く術のなかった(てか収容区以外へは許可証が要る身分)パラディ島へ送致され、
         壁中人類の国防の要=壁の巨人 を操れる「始祖の巨人」を奪いに行きます。
        (2組以外にも家族・親子が、軍組織・民族史に負けずに描かれてますね。)

        ご指摘の中のジークの「マーレの手先に成りきってない」部分は、その他に知性巨人になるために引き継いだ記憶も関係してそうに思います。
        グリシャノートの続きが気になりすぎて・・・、クルーガーの計らいでグリシャ達が飛行船(窓の無い部屋)で送られてたら酷ですねー。
        クルーガー、アンタは鬼や(;´Д`)

  2. 進撃の巨人 より:

    全てが嘘情報というのは話が成り立たないから無いだろう。グリシャの妄想が偶々一致したフクロウの情報は正しいと思ってる。

  3. 進撃の巨人 より:

    グリシャが古語で書かれた歴史書を解読していないことをわざわざ回想で表した
    これ伏線間違いなしじゃないですか??

    145代フリッツ王は兵団にいたユミルで
    レイス家はマーレ側の王家、マーレには
    巨人が食わずともユミルから能力を移動する技術があり、ユミルはある取引をして
    その始祖巨人をレイス家に差し出し自分は無知性巨人にされた
    取引はユミルの民(壁内人類)を守ること
    とは言ってもその約束をレイス家が未来永劫守るとは当然考えられないので
    始祖巨人を継承したものは不戦の思想に
    支配されるように細工をした

    • 進撃の巨人 より:

      なるほど、と思ったけど食わずに移動はどうかな?
      レイス家の継承方法は教会地下で食べさせてたので…。

  4. 進撃の巨人 より:

     ネットの一部では「86話で地図に描かれたパラディ島はマダガスカル島、マーレ大陸はアフリカ大陸(の南部)で、今の世界地図を180度回転させたもの」とも言われていますね。
     進撃の世界にはドイツや「気の毒なユダヤ人」を臭わす要素が多いですが、今の南アフリカ付近での近代の争いといえば[鉱物資源を巡る戦争]、イギリスと(先に植民地化して移住した)オランダ人子孫の間のボーア戦争です。
     
     アンボイナ事件(蘭勝ち)、英蘭戦争(英リベンジ& NY割譲)、フェートン号事件(長崎出島)など世界各地で争った両国ですが、すでにスエズ運河が開通し、交通の要衝としての価値は下がったアフリカ南端で、ダイヤやゴールドを巡って2度戦いました。(デビアスやらロスチャイルドやらの暗躍を詳述した歴史文献は英語版? )。
    以下、関わった有名人
    ・この戦いに先立ってトランスヴァール共和国の独立回復を目指したのがポール・[クリューガー](肖像画はクルーガーランド金貨にも)。
    ・勝手に参戦してほぼ「無事で帰っただけ」なんだけどその「武勇伝」を基に、一度干されたイギリス政界に復帰したのがウィンストン・チャーチル。
    ・[強制収容所]に12万人押し込め、2万人殺し、第1次大戦では陸軍大臣に就いたホレイショ・キッチナー。

    [ ]で囲んだのは、進撃との「関連」項目です。(^^;;;

  5. 進撃の巨人 より:

    戦争や歴史や政治に精通している方のコメントは大変参考になって面白いです。

  6. カルライーターの目が美しかったのはこういうことか より:

    腕章から、なんとなくユダヤ人について調べたら、ユダヤ人も、「2000年続く民族」とか、「17世紀で島に逃げる」とか書いてあって、ユミルの民とすごく似てるな〜と思ったんだけど、どうなんだろう。

    • 進撃の巨人 より:

       ユダヤ絡みでは初めて「イルゼの手帳」と聞いたとき、イルゼ・コッホの手袋のことを連想しました。進撃の巨人では記憶(歴史)の改ざんも大きな「舞台装置」のようですが・・・。
       個人的には現実の「世界史」も、19世紀イギリスの世界制覇が無かったかのような仕上がりになってるなぁと(世界大戦で独・日に悪評をおっかぶせ?)。反ユダヤも東は「ポグロム」、西は米自動車王フォードまでの広がりがありましたし(まさかユダヤの自己責任、とまでは言いませんが)。
      ↓始祖の巨人を見て思い出した「ヴィクトリア女王記念碑」(リンク先1番下)
      http://cardiac.exblog.jp/17393132/

    • 進撃の巨人 より:

      「欅坂46のハロウィンイベントでの衣装がナチスを連想させる」など(国内の「ご注進報道」)に乗じたイスラエル大使館のツイートを、さも大事そうに伝えるメディアを見ても・・・
      http://www.j-cast.com/2016/11/04282672.html?p=all
      トランプ騒ぎがヒト段落するのを待って行われた(出品発表は投票日前)『 新たに発見された 』アンネ・フランクの遺品のオークションの報道を見ても・・・
      http://www.afpbb.com/articles/-/3106796

      ユダヤ人(の一部)の権力ピラミッド「頂上作戦」 (イスラエル生き残り策)

      を見て取ったのは私だけでしょうか !?  (つづく)

    • 進撃の巨人 より:

      1.国際モラルとの一体化・私物化 のための「ユダヤ=第2次大戦最大の被害者」演出
      各国の犠牲者数(実際)
      ソ連2700万人 中国1~2000万人
       ドイツ600万人超
      ポーランド300万人 日本250万人 ユーゴスラビア150万人
      アメリカ40万5千人 墺英仏伊ルーマニアハンガリーそれぞれ25~50万人
      (オリバー・ストーン「もうひとつのアメリカ史」から)

      2.ナチス強制収容所の ↓子細の無視
      ・標的(思想・人種)の変遷
      ・ユダヤ人(半分)以外の「もう半分」の犠牲者
      (→ アメリカ(Fルーズベルト)強制収容所 の矮小化・相対化)

      12/2 09:00- BS1 HD版「映像の世紀」(毎金)
      12/3 19:30- BSp 映像の世紀プレミアム「世界を変えた女たち」(ヒラリーは…)

      • 進撃の巨人 より:

        スイマセン、
        上記ドイツの左に「ユダヤ人 600万人」を不等号で挟んだら
        中身ごと消えてしまいました。m(_ _)m

  7. 進撃の巨人 より:

    ユミルは本当にエルディア人の女神様だったという事で(´・ω・`)

  8. 進撃の巨人 より:

    グリシャの日記(本)をノートって言う人いるけど「ノート」ではなく「ジャーナル」が正しい

  9. 2000年遅れの猿へ・・・   . より:

    真珠湾には1月早いですが、当時の大統領は反日感情をあおる中で・・・
    Fルーズベルト
    「(日本人の頭蓋骨は)我々のものより約2000年、発達が遅れている。アジア人は白人との混血を奨めるべきだが、日本人は除外する。」

    トルーマン
    「猿(日本人)を『虚実の自由』という名の檻で、我々が飼うのだ。SPORTS、SCREEN(映画)、SEX(=3S)を解放すれば、真実から目を背けさせることができる。猿は、我々の家畜だからだ」

    トランプ版の『黄禍論』(WASP以外ぜんぶ?)が懸念されますね

トップへ戻る