進撃の巨人86話87話の新キャラクターを画像でまとめ【図解】

進撃の巨人86話87話の新キャラまとめ

進撃の巨人86話『あの日』の新しい登場人物まとめ

進撃の巨人86話と87話の新キャラクターまとめ
85話『地下室』でハンジらがイェーガー家の地下室で見つけたグリシャの本の内容から明かされたグリシャの過去の話です。今までの進撃の巨人とは別の漫画に思えるくらい、初登場のキャラや初めて見る単語が沢山出てきます。

Sponsored Link
レク336

86話87話で初登場のキャラクター

新キャラ画像

グリシャ父
グリシャ・イェーガーの父。エルディア人ユミルの民)。祖先の罪を認め、マーレ政府の下で慎ましく生きることを望む。医師。

グリシャ母
グリシャ・イェーガーの母。エルディア人。

フェイ・イェーガー
グリシャの妹。エルディア人。収容所から無許可で外出したため、マーレ治安当局の男に連れて行かれる。翌日に川で遺体で発見される

ダイナ・フリッツ
フリッツ王家の血を引く女性。エルディア人。エルディアが再び立ち上がる日を収容区で待ち続け、エルディア復権派が立ち上がった際、復権派に名乗り出てグリシャらに協力。王家の持つ巨人の情報を提供した。グリシャと結婚しジークを出産。7歳のジークがダイナとグリシャをマーレ政府に密告したため、ダイナを含むエルディア復権派は無知性巨人にされ楽園(パラディ島)へ送られる。壁内のグリシャの妻を食った巨人、カルライーターは、ダイナだった。

マーレ治安当局の男:
無許可で外出したフェイを連れ去る。後日、グリシャの両親に説教する。

このマーレ治安当局の男の名前はグロス曹長と判明(87話『境界線』)

エレン・クルーガー
無許可で外出したグリシャを暴行したマーレ治安当局所属のエルディア人。9つの巨人の力を持つ。

フクロウ:
エルディア復権派に協力するマーレ政府の内通者。姿を明かさず、復権派に武器や資金、歴史文献を提供。

クルーガー
『俺がフクロウだ、覚えておけよグリシャ、巨人の力はこうやって使う(87話)』

エルディア復権派の男:
右肩に同胞の証の印を入れている。グリシャの診療所を訪れ、反体制地下組織『エルディア復権派』の革命に誘う。数年後、グリシャの息子ジークの密告により、エルディア復権派は全員、楽園(パラディ島)へ送られる。

十字

このエルディア復権派の男の名前はグライスと判明(87話『境界線』)

覗き込む巨人の人:
無知性巨人にされパラディ島に送られたエルディア復権派のメンバーの中に、トロスト区攻防戦でミーナを捕食した覗き込む巨人に似ている人物がいます。

髭の巨人の人:
無知性巨人にされパラディ島に送られたエルディア復権派のメンバーの中に、トロスト区攻防戦でアルミンとエレンを殺そうとした髭の巨人に似ているエルディア人がいます。

エレンの足を食った巨人の人:
無知性巨人にされパラディ島に送られたエルディア復権派のメンバーの中に、トロスト区攻防戦でエレンの足を食い、ナックとミリウスを捕食した巨人に似ているエルディア人がいます。

トーマスを食った奇行種の人:
無知性巨人にされパラディ島に送られたエルディア復権派のメンバーの中に、トロスト区攻防戦でトーマスを捕食した巨人に似ているエルディア人がいます。

大地の悪魔
ユミル・フリッツと契約し『始祖の巨人の力』を与える

ユミル・フリッツ
エルディア人の始祖。大地の悪魔と契約し『始祖の巨人の力』を得る。フクロウの情報によると、ユミル・フリッツは大陸の発展に貢献した。

始祖の巨人:
ユミル・フリッツが持つ巨人の力。ユミル・フリッツが大地の悪魔との契約と引き換えに与えられた巨人。他の巨人すべてを支配し操ることができる。

145代目フリッツ王:
145代目フリッツ王が『始祖の巨人』を継承したことにより『巨人大戦』が始まる。パラディ島(エレンら住む壁内がある島)に三重の壁を造って引きこもる。容姿不明

関連記事:

Sponsored Link
レク336
レク336

Share this post / シェアしてね(はぁと

Follow me / フォローする

Sponsored Link

Comments

  1. 進撃の巨人 より:

トップへ戻る