進撃の巨人 84話で判明した新事実まとめ【ネタバレ】

進撃の巨人 ネタバレ 84話

進撃の巨人 84話で判明した新事実まとめ【ネタバレ】

進撃の巨人 第84話 白夜で判明した新事実まとめ

Sponsored Link
レク336

新兵の名前

獣の巨人へ特攻した3名の新兵の名前が判明

サンドラ、ゴードン、フロック

3人とも元駐屯兵団所属の兵士で、ウォールマリア最終奪還作戦直前に調査兵団へ編入

サンドラとゴードンは獣の巨人の投石で死んでしまいました。

■サンドラ死亡の経緯と人物紹介・略歴まとめ(⇒サンドラ 死亡

進撃の巨人 ネタバレ 84話

進撃の巨人 84話の回想 ゴードン、サンドラ、フロック、マルロ

ゴードンは一番奥の新兵でしょうか??

最後3球目の投石で死んだ3人のうちの一人ですよね?

進撃の巨人 ネタバレ 84話

ゴードン?

真ん中のぽっちゃりぎみの

新兵全滅

フロック『あの壁の向こう側に生きてる兵士はもう誰もいねぇ・・・』

フロックのセリフによって、獣の巨人へ特攻した新兵はフロック以外全員死亡したことが判明

私は他にも生存者がいるのではと思っていました。

フロックはエルヴィンを殺そうとした

特攻から生き残ったフロックは、まだ息のあるエルヴィンをみて殺そうとしていたことが判明

しかしエルヴィンには地獄がまだ必要だと考えたので、生かすために注射を管理するリヴァイの元まで運んだ

リヴァイの力が弱まってる

注射を奪おうとリヴァイに飛びついたミカサ『力が弱まってる!?』

リヴァイは、もう少し早い段階でも息切れをみせていました。

■息切れや力の弱まりは、アッカーマンの血筋によるものか、地下街育ち特有の肺疾患か、単なる疲労か(⇒リヴァイの力が弱まってる原因について考察

ここのコメント欄も参考にしました。

モブリットの死に方

ハンジの回想により、モブリットがどうやってハンジを守って死んだのかが描写されました。

ハンジを背後から叩いて井戸へ落としためハンジは生還した。

■モブリット死亡の経緯と人物紹介・略歴まとめ(⇒モブリット 死亡

エルヴィン団長死亡

エルヴィン『先生・・・・・・、・・・・・・・・・に・・・・・・いないって・・・、・・・・・・やって調べたんですか?』

リヴァイは最後の最後でエルヴィンを地獄から解放し安ませることにしました。

エルヴィンが死んだ経緯・経歴・父親の仮説・人生の使命についてまとめ

ハンジ団長

エルヴィンが死亡してしまったので、ハンジが14代調査兵団団長になります。

ベルトルト死亡

ベルトルトは巨人化したアルミンに食われて死亡

■ベルトルト死亡の経緯と人物紹介・略歴まとめ(⇒ベルトルトの人生

アルミン巨人能力者に

リヴァイが管理していた巨人化薬の注射は、最後の最後でアルミンに使われました。

アルミンが巨人化して超大型巨人の能力を持つベルトルトを食べて巨人能力者に。

■進撃の巨人84話でベルトルトを捕食したアルミンは超大型巨人に支配されるのか(⇒アルミン巨人化の姿と能力を予想【画像あり】

■次回、進撃の巨人85話のネタバレ(⇒進撃の巨人 85話

Sponsored Link
レク336
レク336

Share this post / シェアしてね(はぁと

Follow me / フォローする

Sponsored Link

Comments

  1. 進撃の巨人 より:

    リヴァイは弱まったか?で(既出でしたらすいませんが)、
    獣の巨人と「鶴翼」巨人ズを、一人で全滅させたから、
    というだけでなく、前にも(76話で)
    「うんざりだ、弱ぇ奴はすぐ死ぬ」って言いながらハアハア言ってたりして、
    もしかして故郷(?)の地下街で育った人たち特有の肺疾患なのかなあと。

    誰かの肺疾患の手術費だか薬代欲しさに、あやしいオッサンとの
    「取り引き」に応じた展開だったような? →悔いなき選択

  2. 進撃の巨人 より:

    リヴァイが息切れする前の戦いも、皆が3m級に苦戦する中
    一人で必死に削ぎまくる状態だったのでそれも原因かもしれませんね

  3. 進撃の巨人 より:

    リヴァイを軽くまとめると
    ・朝食抜き
    ・3m級を削ぎまくって息切れ。「兵団にかつての戦力はもう無い」by団長
    ・猿の所まで巨人を倒しながら移動
    ・猿戦。ゼイゼイと疲れた描写。ここまででブレード3対終了
    ・ブレード残り1対で向かってくる無知性多数撃破。「バケモノめ」byジーク。ガス残り0に

    みんなで攻撃し火力も雷槍を使用、ガスも残っていたミカサとは疲労度が違うように見えるなぁ
    それでも何か血筋の設定を入れるなら
    ・ミカサに頭痛があったので東洋人パワーが追加された
    ・ミカサはフロックに刃を向けハンジの手首をバキィするほど意識が攻撃に向いているが
    リヴァイはエレンを殴った後はもう争う気はない(「よせ!」と新兵への攻撃を止める描写あり)
    アッカーマンの力は相手への攻撃の意識で増す、とかあるかなぁ

  4. 進撃の巨人 より:

    コミックスを見ながらざっくり数えたけど、マリア側の大型巨人は片側27体、
    少なくとも猿を挟んで両サイドに50体はいると思われる。
    それプラス、3m級などの小型巨人は最初は大型巨人1体の隣に2体ずつ並ぶように配置されていたので、だいたい100体くらいはいたと推測。

    リヴァイは相当数の巨人を削いでいたと思うし
    疲労からくる息切れ、力の弱まりだと思っていた

    • 進撃の巨人 より:

      思っていた以上に敵多い…

      特攻前にブレードを補充しているコマがあったので、おそらく
      猿までの大型巨人だけでブレード2対消費
      猿戦で1対消費(猿戦中に交換は不可能と仮定)
      最後の大型巨人戦で1対消費

      最後の戦いは本来ならブレード2対必要、いや敵が向かってくるのでそれ以上必要だったところを
      1対だけで戦ってみせた事になるから、こりゃ相当疲労していると思われますね

  5. SurveyCorp より:

    こちらのコメント欄の考察も『リヴァイの力が弱まってる原因』でまとめました。
    考察ありがとうございました。

トップへ戻る