【進撃の巨人ネタバレ41話ヒストリア】果たされる2人の約束・主人公初討伐

[進撃の巨人ネタバレ41話ヒストリア]あらすじと考察まとめ

【進撃の巨人41話『ヒストリア』ネタバレ&考察】
前回の『ユミル』に引き続きサブタイトル『ヒストリア』の41話では、ついに2人の約束が果たされます。

他の見所は、主人公の輝かしいシーンです。

他にも41話の大きな展開をまとめました。

進撃の巨人41話情報:

漫画   進撃の巨人41話
タイトル ヒストリア
発売日  2013年1月9日(別マガ2013年2月号)
アーク  ウトガルド城 編
コミック 10巻の3章
著者   諫山創
前回   ユミル
次回   戦士

進撃の巨人41話『ヒストリア』から重要展開をピックアップ考察

ユミルとクリスタの約束が果たされる

進撃の巨人ネタバレ41話ヒストリアが本名をユミルに明かす

ヒストリア
『私の名前・・・ヒストリアって言うの・・・』

ヒストリアは訓練兵団時代の雪山トレーニングでユミルと交わした約束を果たします。

前回40話で次のような回想シーンがありました。

進撃の巨人ネタバレ41話ユミルとクリスタの約束

前回40話でウトガルド城のベテラン兵士が全滅したあと、ユミルは104期訓練兵団の雪山トレーニングを回想し、その時にした『約束』を思い出せとクリスタに話しました。

約束とは、体調不良で動けなくなったダズをユミルはどうやって雪山の高い崖から下ろしたのか?その『秘密』を明かしたら、『元の名前を名乗って生きろ』とクリスタに言った約束です。

『秘密』とは、ユミルが巨人になる力を持っていることです。

ユミルは巨人になって断崖絶壁からダズを下ろしたのでした。

41話でユミルは巨人であることをクリスタの前で明かしたので、クリスタは本名を名乗ったのです。

ブーメラン

進撃の巨人ネタバレ41話クリスタをいびるユミル

前回40話でナナバら上官が全滅したあとクリスタが『私も戦いたい、何か武器があればいいのに・・・そしたら一緒に戦って死ねるのに・・・』とこぼすと、『いつもどうやって死んだら褒めてもらえるのかばっかり考えてただろ?』とユミルに突っ込まれ、最後には『胸張って生きろよ』とアドヴァイスされます。

進撃の巨人ネタバレ41話ユミルに説教するヒストリア

今回41話では、逆にクリスタがユミルに説教します。

みんなを守るために自分だけが犠牲になろうとしているユミルに向かって『そんなにかっこよく死にたいのか!!自分のために生きろよ!!』と叫ぶクリスタ

クリスタはユミルに言われたことを言い返します。

主人公エレン初討伐

進撃の巨人ネタバレ41話初めて巨人を討伐したエレン

ハンジはエレンに攻撃するなと止めますが、エレンは馬からジャンプして立体機動で巨人に切り掛かります。

エレン
『死ね!!』

エレンはうなじを斬り見事討伐成功

エレン
『やった!!討伐数1!!』

エレンは巨人になって戦うことが多かったので、人間の姿での巨人討伐はこれが初めてとなります。

ゴーグルとケイジ登場

進撃の巨人ネタバレ41話ヒゲゴーグルさんとケイジさんも

ウトガルド城へ駆けつけた助っ人の中には、ハンジ班のヒゲゴーグルさんとケイジさんの姿も。さすがはベテラン調査兵士です、2人は到着と同時に巨人に切りかかります。

他には、ハンジ、ミカサ、エレン、アルミンも助っ人にやって来ました。

ウトガルドの塔倒壊

進撃の巨人ネタバレ41話ウトガルド城の塔が倒壊

ユミル巨人は104期たちを髪の毛に掴まらせた後、ウトガルド城の塔を倒し巨人を下敷きにしました。

ユミル重症

進撃の巨人ネタバレ41話重症を負ったユミル

塔の瓦礫から起き上がって来た巨人に貪ぼられたユミルは内臓、右腕、右足に重症を負います。

次回で分かりますが、ユミルが負った怪我は普通なら死んでいるほど酷いとのこと。

今回のウトガルド城編を含むストーリーアーク別の各話ネタバレ&考察一覧リストはこちら

Sponsored Link
レク336
トップへ戻る