進撃の巨人 ネタバレ 3話 解散式の夜

進撃の巨人 ネタバレ 3

進撃の巨人 ネタバレ 3 話 『解散式の夜』

進撃の巨人 第3話 『解散式の夜』
あらすじのネタバレ・画バレ
感想、重要な展開、伏線・謎、考察まとめ

Sponsored Link
レク336

情報

漫画   進撃の巨人 3話
タイトル 解散式の夜
発売日  2009年11月9日
アーク  第104期訓練兵団
コミック 1巻の3章
著者   諫山創
前回   進撃の巨人 2話『その日』
次回   進撃の巨人 4話『初陣』

これまでのあらすじ

845、壁の外へ出たくて調査兵団に入団したいと言う息子のエレンにグリシャ・イェーガーは、地下室を見せてやるとを見せ、2つ上の街に診療へ向かいます。その直後、50mの壁を超す高さの超大型巨人と大砲が全く効かない鎧の巨人により、100年間破られなかったシガンシナ区のウォールマリアの壁を破壊され、街は無数の巨人に占拠されます。母カルラが巨人に食われるのを目の前で見たエレンは、『巨人を駆逐してやる』と決心。5年後、エレンは第104期訓練兵団を卒業します。

人類の活動領域

人類が生活できるのは、ウォールローゼの壁の内側だけになりました。

進撃の巨人 ネタバレ 3 話『解散式の夜』

進撃の巨人3話まとめ

あらすじ

時は850

① 訓練兵団解散式終了後、104期生は食堂で夕食をとります。訓練成績10位以内に入ったジャン、マルコ、アニは憲兵団に入りたいと言います。どーせ人類は巨人に勝てないから内地で快適に過ごしたいと場を仕切るジャンに、エレンは敗北主義者だと口をはさみ、殴り合いになります。この時の『戦術の発達を放棄してまで大人しく巨人の飯になりたいのか?巨人を駆逐して、この狭い壁内の世界を出たら・・・外の世界を探索するんだ』と言うエレンの演説に、ミーナ、サムエル、サシャ、コニーなどが興味を示します。

② 食事の後、外で話をするエレン、ミカサ、アルミン。ミカサとアルミンも調査兵団に入ると話します。そこへハンネスがやって来て、街の恩人であるエレンの父グリシャの行方を聞くと、エレンが激しい頭痛を起こして倒れます。

③ 次の日、トロスト区の街を歩くエレン、ハンナ、フランツ。もう大型巨人なんて来ないよ~と呑気なハンナとフランツにエレンはイラつきます。場面は変わって壁の上、大砲の掃除をしながら、コニー、トーマス、サムエル、ミーナは調査兵団に入ると言うと、エレンは巨人に勝てると自信を持ちます。

④ そこへ、超大型巨人が出現、トロスト区の外門のウォールローゼの壁を蹴り破ります。エレンは剣を抜き攻撃体勢に入ります。『よう、5年振りだな・・・』

まとめ

重要な展開・事実

■ 4年前(846)、巨人に奪われた領土を取り戻すために人口の2割が送られたが全滅。巨人1体を倒すのに30人が死亡した。

■ エレンは一度死んだミカサを生き返らせた

■ ミカサは家族を失っている

■ ミカサは歴代の中でも逸材

■ アルミンは人より体力が無いが、座学はトップなので技巧に進むように教官に言われた

■ ハンネスは駐屯部隊長に昇格している

■ エレンは『壁を壊せるのは超大型だけだ』と言っていますが、エレンは鎧の巨人を目撃していないのでこう言っています。

トロスト区の外門のウォールローゼの壁が超大型巨人に破られる

伏線・謎

3話エレンの伏線

■ グリシャの行方を聞かれて起こったエレンの頭痛の原因

■ グリシャがエレンに注射を打とうとしているエレンの回想

■ ハンネスが言う、多くの人が死んだ『流行りの病気』とは何か

■ グリシャは、なぜ『流行りの病気』の抗体を持って来れたのか

死亡者

無し(⇒進撃の巨人の死亡者と最期のシーン一覧

主要な登場人物

ジャン・キルシュタイン、マルコ・ボット、ベルトルト・フーバー、アニ・レオンハート、エレン・イェーガー、ライナー・ブラウン、ミカサ・アッカーマン、アルミン・アルレルト、巨人、ミーナ・カロライナ、サムエル・リンケ-ジャクソン、トーマス・ワグナー、サシャ・ブラウス、コニー・スプリンガー、フランツ・ケフカ、ハンナ・ディアマント、ハンネス、グリシャ・イェーガー、超大型巨人、カルライーター、カルラ・イェーガー

■次回、進撃の巨人 4話『初陣』のネタバレ&考察

Sponsored Link
レク336
レク336

Share this post / シェアしてね(はぁと

Follow me / フォローする

Sponsored Link
トップへ戻る