進撃の巨人 ネタバレ 1話 二千年後の君へ

進撃の巨人 ネタバレ 1

進撃の巨人 ネタバレ 1 話 『二千年後の君へ』

進撃の巨人 第1話 『二千年後の君へ』
あらすじのネタバレ・画バレ
考察、感想、重要な展開、伏線・謎まとめ

Sponsored Link
レク336

情報

漫画   進撃の巨人 1話
タイトル 二千年後の君へ
発売日  2009年9月9日
アーク  シガンシナ陥落
コミック 1巻の1章
著者   諫山創
次回   進撃の巨人 2話『その日』

進撃の巨人 ネタバレ 1 話『二千年後の君へ』

あらすじ

① 冒頭:エレン、ミカサ、アルミンは、50mの壁を超える高さのある巨人を見て唖然

② 壁外調査遠征中の調査兵団:一体の巨人を発見し一斉に馬で接近します。さらに近付くと、立体機動に移って全方向から同時に斬りかかります。

立体機動装置

壁外で立体機動装置を使う調査兵団

③ 『いってらっしゃい、エレン』と言う髪の短いミカサを見たあと、目を覚ますエレン。目の前に現在の髪の長いミカサがいます。エレンは木にもたれて眠っていたようです。長い夢を見ていたと言って涙を流すエレン。

④ ミカサと、涙を流した跡があるエレンが鼻をすすりながら歩いていると、駐屯兵団所属のハンネスに声をかけられます。呑気に酒を呑んでいるハンネス、フーゴら駐屯兵団兵士に、そんなんで巨人と戦えるのかよとエレンは説教します。

⑤ 鐘の音が鳴り響き、調査兵団が帰還するが、100人以上で行ったのに生きて帰ってきたのは20人以下。息子のブラウンを探しに来た母親にブラウンの右腕を渡します。息子の死は人類の反撃の糧になったんですよね?と泣き叫ぶ母親の問いに、団長のキース・シャーディスは、今回もなんの成果も得られなかったと泣いて詫びます。それを聞いて呆れて、税の無駄遣いなどと暴言を吐いた区民の頭をエレンが殴ると、ミカサがエレンを引きずってぶん投げて言います、調査兵団に入りたい気持ちは変わったかと。

調査兵団帰還

調査兵団帰還

⑥ エレンとミカサが家に到着。エレンの父グリシャは2つ上の街に診療へ出かける支度をしています。グリシャと母カルラに、エレンが調査兵団に入りたいと言ってることを告げ口するミカサ。カルラは猛反対しますが、グリシャは前向きです。帰宅したら地下室を見せてやろうと胸元のを見せます。

地下室の鍵

⑦ アルミンが裏路地で悪ガキ3人にいじめられてます。そこへエレンとミカサが走ってきてアルミンを助けます。『外の世界に行きたい』と言う奴は異端だといじめられたアルミン。エレンはアルミンの気持ちを理解しますが、ミカサはダメだと言います。地面が強く揺れ、壁を見ると、50mの壁より高い巨人が顔を出し、その巨人は右足で壁を蹴り破ります。開いた壁の穴めがけて歩く無数の巨人の描写

超大型巨人

シガンシナ区のウォールマリア外門に超大型巨人

まとめ

時系列

あらすじを時系列に並べると、②③④⑤⑥⑦①

重要な展開・事実

・ エレンは、調査兵団に憧れていて、入団したいと思っている
・ グリシャは、エレンの調査兵団入団に前向き
・ ミカサとカルラは、調査兵団に入りたいエレンを止めるのに必死
・ 壁が破られる直前、グリシャは2つ上の街に診療へ向かった
・ 壁の高さは50m
・ 100年間破られなかった壁が、超大型巨人により破られた

伏線・謎

ミカサの髪の長さの伏線はループ説?

・ エレンの夢に出てきた短い髪のミカサはいつのミカサか(現在のミカサは髪が肩より長い)
・ エレンの夢に出てきたミカサ『いってらっしゃい、エレン』の意味
・ エレンが見ていた長い夢夢の内容
・ 目を覚ましたエレンは理由もなく泣いている
・ ハンネス曰く、エレンの父グリシャ・イェーガー医師は街の恩人
・ 外の世界に興味を持つこと自体をタブーにしている王政府の方針
・ 年号のような845とは何か

死亡者

ブラウン(⇒進撃の巨人の死亡者と最期のシーン一覧

主要な登場人物

エレン・イェーガー、ミカサ・アッカーマン、アルミン・アルレルト、超大型巨人、エルヴィン・スミス、キース・シャーディス、ブラウン(死亡)、ハンネス、フーゴ、カルラ・イェーガー、グリシャ・イェーガー

■次回、進撃の巨人 2話『その日』のネタバレ&考察

Sponsored Link
レク336
レク336

Share this post / シェアしてね(はぁと

Follow me / フォローする

Sponsored Link
トップへ戻る