九つの巨人【残りの一体は?】

九つの巨人

九つの巨人とは、
エルディア人の始祖ユミル・フリッツの巨人『始祖の巨人』から分かれた9体の巨人(知性巨人)のことである。

元々エルディアが持っていた九つの巨人は、7体をマーレに奪われる。

『九つの巨人』を受け継いだ日から余命が13年になる。

九つの巨人の継承者は、エレン・イェーガー、エレン・クルーガー、ジーク・イェーガー、ライナー・ブラウン、アルミン・アルレルト、ピーク、ガリアードなど。

九つの巨人

九つの巨人一覧

  1. 始祖の巨人
  2. 進撃の巨人
  3. 獣の巨人
  4. 鎧の巨人
  5. 女型の巨人
  6. 超大型巨人
  7. 顎の巨人
  8. 車力の巨人

九つの巨人のうち、一体が不明です。

巨人化能力者 一覧

9つの巨人を継承したキャラクターは、身体に傷をつけることによって知性を持った巨人になることができます。

巨人になることができるキャラクターリストです

マーレの戦士

所有者

エルディア人の始祖ユミル・フリッツの巨人『始祖の巨人』から分かれた9体の巨人(九つの巨人)は全て、元々エルディアが持っていましたが、7体をマーレに奪われたため、以来エルディアは2体を代々継承します(86話『あの日』)。

その後の調査兵団の奮闘の末、マーレの七つの巨人のうち2体をエルディアが手に入れます。

マーレ

BEFORE
1. 獣の巨人:ジーク戦士長
2. 車力の巨人
3. 鎧の巨人:ライナー
4. 女型の巨人:アニ
5. 顎の巨人
6. 超大型巨人:ベルトルト
7. ?

昔、マーレは九つの巨人のうち、7体の巨人をエルディアから奪いました。

NOW
1. 獣の巨人:ジーク戦士長
2. 車力の巨人:ピーク
3. 鎧の巨人:ライナー
4. 顎の巨人:ガリアード
5. ?

【女型】
調査兵団奮闘の結果、女型の巨人の力を持つアニ・レオンハートはエルディア側に捕獲されました。

【超大型】
マーレ管理下の七つの巨人の一つ(超大型巨人の力)を受け継いだマーレの戦士ベルトルトがエルディア側のアルミンに捕食されたため、現在マーレは5体の所有になります(84話『白夜』)。

【ユミル】
ユミルは九つの巨人の力を持つマルセルから能力を奪いました。エレンの誘拐失敗後にライナーら故郷組に協力的な姿勢をみせて(50話『叫び』)から姿を消しているユミルは、マーレの戦士に食われた可能性があります。

【四足歩行型、マルセル/ユミル】
四足歩行型、マルセル(ユミル)が何の巨人かまだはっきりしてません。

『我らの巨人(顎と車力)は2体共素早いです(91話コルト)』

顎はガリアードなので、車力(ピーク)は素早い四足だと思います。

マルセルを食ったユミルは、ガリアードに捕食されたと思います。ユミルも素早かった。

そうすると、マーレにはまだ出てきてない巨人が一体いることになります。

エルディア

BEFORE
1. 始祖の巨人:ユミルフリッツ→フリッツ王家→145代フリッツ王(初代レイス王)→レイス家→レイス王→ウーリ→フリーダ→グリシャ→エレン
2. 進撃の巨人:クルーガー→グリシャ→エレン

エルディアは、昔、九つの巨人のうち7体の巨人をマーレに奪われたあと、2体の巨人を継承してきました。

NOW
1. 始祖の巨人:ユミルフリッツ→フリッツ王家→145代フリッツ王(初代レイス王)→レイス家→レイス王→ウーリ→フリーダ→グリシャ→エレン
2. 進撃の巨人:クルーガー→グリシャ→エレン
3. 超大型巨人:アルミン
4. 女型の巨人:アニ(エルディアに捕獲される)

【女型】
アニ・レオンハートは調査兵団に捕獲されたので、現在女型はエルディア側の手中です。

【超大型】
アルミンがマーレ側のベルトルトを捕食し超大型巨人の力を奪ったため、現在エルディアは4体の所有になります。

『進撃の巨人』はエルディア

*クルーガーが継承していた『進撃の巨人』はマーレの7つの巨人ではないです。

クルーガーは仲間のユミルの民の協力を得て血液検査を偽りスパイとしてマーレに潜り込んだため、マーレ側はクルーガーはマーレ人であると思っています。なので、クルーガーが九つの巨人を継承していることは知りません。マーレは、マーレ人は巨人になることはできず、巨人になれるのはユミルの民だけだと知っているので、マーレ人だと思い込んでいるクルーガーに巨人の力があるとは考えてませんでした。

マーレが7つの巨人を手に入れたのは、クルーガーがマーレに潜り込むはるかに前です。クルーガーの進撃の巨人は代々エルディアが引き継いできたものです。

残り一体の巨人とは

マーレが管理する残り一体の巨人がまだ登場していません。

これについて、進撃の巨人88話『進撃の巨人』のコメント欄より、以下二つの考察がありましたのでピックアップします。

九つの巨人のもう一体は鎧の考察

伏線①
幼い頃ジークが遊んでいたおもちゃの中に、一匹のテナガ猿、剣と盾を持った鎧の兵士が2体、一頭の馬がいる(進撃の巨人86話『あの日』)。

⇒ 鎧の巨人が2体いて、ライナーの他にもう一人鎧がいるのでは?

九つの巨人の残りの一体は馬である考察

伏線②
巨人大戦の絵の中に、人型の四足歩行とは別に巨大な馬がいる(86話『あの日』)。

⇒ 四足の他に、馬型の巨人がいるのでは?

伏線①と②のヨロイと馬型、どちらも可能性はあると思います。

『九つの巨人』と継承者について

寿命(ユミルの呪い):
『九つの巨人』を継承したら残り13年で死亡してしまう(進撃の巨人88話『進撃の巨人』)。

不死身:
巨人化能力者が巨人の力を誰にも継承させずに死ぬと、ランダムに選ばれたエルディア人の新生児がその力を受け継ぐ(88話『進撃の巨人』)。

名前:
『九つの巨人』には個体別に名前がある。クルーガーからグリシャ、グリシャからエレンに継がれた巨人の名は『進撃の巨人』という(88話『進撃の巨人』)。

まとめ

マーレ
1. 獣の巨人:ジーク
2. 車力の巨人:ピーク
3. 鎧の巨人:ライナー
4. 顎の巨人:ガリアード
5. ?

エルディア
1. 始祖の巨人:エレン
2. 進撃の巨人:エレン
3. 超大型巨人:アルミン
4. 女型の巨人:アニ(エルディアに捕獲される)

現在、九つの巨人は、マーレの手に5体、エルディアの手に4体ということになります。

【随時更新】

『九つの巨人』関連記事:

最新話でマーレ管理下の不明な『9つの巨人』一体について新情報は出て来るのか。

ファルコがコルトに代わって獣を継承する可能性も

ガビはライナーから鎧を引き継ぐ可能性が最も高いマーレの戦士候補者です。

フリッツ王家の血を引くヒストリアは『九つの巨人の力』を持つアニを捕食させられるのか

エルディア復権派を密告したジークにしがみつく男はマーレの戦士の前任者(元『九つの巨人』継承者)なのか考察

Sponsored Link
レク336

Comments

  1. 進撃の巨人 より:

    エレンって ふたつ持ちだから 26年生きれそうな気がする

  2. 進撃の巨人 より:

    そう言えば「鎧」「超大型」「女型」「獣」って壁側が暫定的に付けた名前だけど結局正式名だったんだね

  3. 進撃の巨人 より:

    巨人大戦の馬とぬいぐるみのヨロイはミスリードだと思う

  4. 進撃の巨人 より:

    ユミルの小さな巨人

  5. 進撃の巨人 より:

    残り一体の巨人については下の2つを考えています。

    1. 壁の中に埋まっている

    2. すでにエレンが保持している

  6. 進撃の巨人 より:

    最後の一体は人間とほとんど変わらないくらいのサイズで潜入&隠密行動に優れたタイプの巨人とかありそう。

  7. 進撃の巨人 より:

    伏線からの考察の一つ

    馬型の巨人が最後の一つではないかに関連して

    “巨大な馬型”で有名な出来事にトロイの木馬があります

    敵の内部に紛れ込み、その内部から敵を壊滅させた話で、内通者の意もありますが、これはマーレの行ったエルディアへの7つの巨人奪還、エルディア陥落の話に酷似しています。

    よって今も壁内に巨人化能力を持ったスパイが紛れ込んでいる可能性があります。

    四足歩行型についての記事でコメントとして残しましたが
    壁内に居ながら要所要所で登場し、それでいて目立たない”早馬のトーマ”がその張本人かと今は考えています。

  8. 進撃の巨人 より:

    “進撃の巨人”はマーレが奪った7つの巨人のうちに入ると思いますがどうでしょうか

  9. 進撃の巨人 より:

    もう一つの巨人の考察について

    伏線①の幼い頃ジークが遊んでいたオモチャの、鎧の兵士のあれは単に”戦士”を表しているだけのようにも思います

    現在作中で戦士としてまっとうできている(た)のは”獣”と”超大型”と”鎧”なので、人間的な見た目のを戦士のおもちゃに当てはめたのかと

    アニは自分で戦士になりきれなかったと公言しており、その後捉えられ
    四足歩行型も主に諜報活動と負傷者回収のサポートをしています

    都合の良い解釈でもありますが、意見の一つとして

    残りが”馬型”かもというのは興味深いですし、馬に好かれるヒストリアがキーパーソンかもしれないですね

    • 進撃の巨人 より:

      ここではだいぶすっ飛ばした書き方になりますが
      ユミルからの現四足歩行型は例の馬のモチーフだと予想しますので

      これからヒストリアが戦場に赴くとき、敵となる現四足歩行型の、そのユミルの心に訴えかけ
      行動を止める展開が来るかもです。

      現時点での妄想です。

  10. 進撃の巨人 より:

    シキシマの白の巨人で9体ちゃうんか

  11. 進撃の巨人 より:

    四足歩行がユミル食った可能性は?

    • ゆぅ より:

      四足巨人は四足歩行のはずだから違う可能性の方が高いと思います

      ユミルの巨人は四足歩行じゃなかったから
      四足歩行はユミルの巨人から奪った能力じゃないと思います

    • 進撃の巨人 より:

      ありえる、というか納得

      ユミルはライナー経由でのヒストリアへの手紙でもうすぐ死ぬことを示唆してるし、かつてにも戦士側に行けば捕食され能力を移行されることを危惧していた描写がある

      作中でもユミル巨人体の動きは四足で駆けるイメージだ(見逃しがあれば申し訳ない)

      その歩き方を四足歩行型とあえてずらすことで発覚したときの驚きも大きい(作者目線)

      共通点としては彼(彼女?)は壁を登るのが上手く、屋根を飛び回る身のこなしも軽やかで素早い

      ウトガルド城でのユミル巨人体の戦いぶりもまさに同様で、崩壊の際には104期生を頭や肩で運んでいたことも、運び役として四足歩行型の表れか

      もともとマルセルから伝わったもので、ユミルが使用してからもこれといった能力は窺えなかったと思っていたが

      実はそれら能力がすでに四足歩行型の特徴なのかもしれない

      • 進撃の巨人 より:

        小ネタの付け足しで

        巨人には喋れる巨人(獣・四足歩行型)と、かぶりつける巨人(エレン・アニ・四足)がいる
        (もしくは、喋れる口とそうでないかの違いだけ)

        書いててわかるように獣やエレン達の口の形はどちらかに特化している中で

        四足歩行型は両方にバランス良くなっているらしく(もしくは喋りだけ)

        作中でもユミル巨人体が喋る、ヒストリアを口中で運ぶ(47話)
        四足歩行型も喋る、ジークとライナーにかぶりついて運ぶ、と

        両方の見せ場が描かれていた
        これは意図的に二人の共通点を見せているのかも

        括弧の予防線が多くて申し訳ない。

  12. クルーガー先生の巨人講座 より:

    赤子ガチャの話が出たから、
    ラスト一体はランダム赤子が濃厚かな

    余命13年の条件があるから
    13才未満の誰か

  13. 初期の頃は より:

    初期の頃は伏線通りだったけどネット予想が増えたアニメ化以降からやり方を変えたみたいだ

    ミスリードするようになったから巨人大戦の絵みたいに誰が見ても分かる答えは出して来ないと思う

  14. 進撃の巨人 より:

    まあああいう伏線は外していく方向性だから
    鎧でも馬でもない新タイプだろうな

  15. ED より:

    最後の巨人は、
    ミカサ アッカーマン。
    嘆きの巨人。
    希望を届けたい嘆きの巨人。

    女の直感でそう思うのです。
    あの頭痛。
    湧き上がる力。
    アッカーマン家は、洗脳が効かない種族。
    そんな気がして仕方がない。
    そして人の形は変わってもループしていたのでは?

    • 進撃の巨人 より:

      私も”時間の巨人”(時をかける少女?w)のような感じでミカサが最後の一人ではと、一つ予想しています。

      アッカーマン家のリミッター解除の特殊能力にはまだ繋がりを見いだせませんが
      基本この作品の人知を超えた特殊な力は巨人由来なんだと思っています。
      万物の根源ともありましたし。

      そのほうが作品に説得力をもたせやすいですから。

      巨人化のトリガーはエレンで、発動すると時間を跳躍できる。なので負担傷を負わないミカサの怪我のシーンはドキドキしたり…(エレンゲリオンからの一生傷、シガンシナ区奪還戦での負傷)

      9つの巨人は13年ほどしか生きられない縛りがあります。
      仮定とするならおそらくミカサは出生からの巨人となりますが、時を操る能力がその克服・延長に一役買っているとか

      ですからエレンから13年の呪いを聞いたとき、実経験から「これは…何かの間違い…」とミカサはこぼしたのかも。

      もしミカサが最後の巨人となると、エレン・アルミン・ミカサと揃っての巨人化能力者となりますので収まりがいいのかなという思いもあります。

      まだ入れ墨の謎や東洋の一族の秘密も残されています。
      そもそもエルディア人ではないという可能性もありますね。(えっw)

    • 進撃の巨人 より:

      ミカサはユミルの民ちゃうしな

  16. 進撃の巨人 より:

    最後の一体は、馬の巨人かなあ?

  17. 進撃の巨人 より:

    顔面削ってた立てない巨人(前王の兄弟)が壁の中の巨人2体目では?

    • 進撃の巨人 より:

      ウーリは始祖の巨人です

      • 進撃の巨人 より:

        ロッド・レイスの超々大型巨人のことだと思いますよ

        奇行種になってましたが、もともとそうなのか、何か原因があってそうなったのか分かりませんので
        9つのうちに含まれるかわかりませんが

        能力自体も超大型巨人の亜種のようにも思います

        • 進撃の巨人 より:

          付け足しで

          おぼろげな記憶ですが、王家の血には巨人の真価を発揮させるとありましたので、
          超大型(サイキョウノキョジン)✕王家の血が超々大型なのかもしれません

          壁の中にも超大型はたくさんいるようですし、硬質化や叫びなど巨人能力の重複、
          エレンも進撃と座標、硬質化と3つを重複してますし

          同時期に同能力の巨人が多数存在することは物語が肯定しています

  18. 進撃の巨人 より:

    始祖の巨人から9つに分かれた、とあるから、全部で10体になりませんか?

    • 進撃の巨人 より:

      始祖が新たに9体生み出したら10体になりますが、始祖が分かれて新たな始祖含む9体になるなら9体です。
      イメージとしては、始祖が自分の力を分け与えて新たに8つの巨人を作った、という感じではないでしょうか。

トップへ戻る