ミカサ・アッカーマンの母親

ミカサの母親

ミカサ・アッカーマンの母親は、
東洋人の血を引く純血の東洋人。シガンシナ区の森で夫とミカサと暮す。

844、母親は代々受け継いでいる東洋一族の印をミカサに入れた後、自宅に押し寄せて来た誘拐犯に刺し殺されて死亡。

ミカサ・アッカーマンの母親

氏名   ミカサ・アッカーマンの母親

    東洋人
性別   女
身長   158 cm
体重   45 kg

初登場  進撃の巨人5話『絶望の中で鈍く光る』
死亡回  進撃の巨人6話『少女が見た世界』

親族

アッカーマン一族

ミカサの父親
ミカサ

あらすじ

東洋一族の印

東洋血族の印

844、自宅でミカサの母親は東洋一族が代々受け継いでいる印をミカサに入れます(5話『絶望の中で鈍く光る』)。

ミカサ

うぅ・・・痛いよぅ・・・

ミカサの母親

よく我慢できたね・・・ミカサ、この印は私達一族が受け継がなきゃいけないものなの、ミカサも自分の子供ができた時にはこの印を伝えるんだよ?

死亡

ミカサ母 最期

ミカサの父親

もうじきイェーガー先生が診療に来る頃だから先生に聞いてみようか・・・早速来たみたいだ・・・

844、母親がミカサに東洋一族の印を入れている際、純血の東洋人の血を引くミカサの母親を狙った3人組の誘拐犯が押し寄せます。ミカサの父親は玄関の扉を開けた途端、刃物で刺されて倒れます。続いて誘拐犯はミカサの母親の右肩を斧で斬ります。しばらくしてから診断に訪れた医師グリシャ・イェーガーと息子のエレンがミカサの両親の死亡を確認します(6話『少女が見た世界』)。家族を失ったミカサは、イェーガー家の養子に迎えられます。

ミカサの母親

更新中

エルヴィン

あの勇敢な死者を想うことができるのは生者である我々だ!!(⇒進撃の巨人の死亡者と最期のシーンまとめ

Sponsored Link
レク336

Share this post / シェアする

Follow me / フォローする

Sponsored Link
Sponsored Link
レク336

Comments

  1. 進撃の巨人 より:

    ミカサの母親の東洋人というところに補足なのですが、”進撃の巨人 answers”というガイドブックの中の諫山先生のインタビューで、東洋というのはもともと東の海ということを表す言葉として当てはめていたそうです。
    なので、現実世界の東洋とこの作品の中の東洋は違うそうです。

    YouTubeの動画の方でもコメントさせてもらいましたが、もう知っている情報であったら申し訳ございません。

トップへ戻る