ミカサ・アッカーマンの母親

ミカサの母親

ミカサ・アッカーマンの母親は、
東洋人の血を引く。シガンシナ区の森で夫とミカサと暮す。

844、母親は代々受け継いでいるアッカーマン一族の印をミカサに入れた後、自宅に押し寄せて来た誘拐犯に刺し殺されて死亡。

Sponsored Link
レク336

ミカサ・アッカーマンの母親

氏名   ミカサ・アッカーマンの母親

    東洋人
性別   女
身長   158 cm
体重   45 kg

初登場  進撃の巨人5話『絶望の中で鈍く光る』
死亡回  進撃の巨人6話『少女が見た世界』

親族

アッカーマン一族

ミカサの父親
ミカサ

あらすじ

アッカーマン一族の印

アッカーマン血族の印

844、自宅でミカサの母親はアッカーマン一族が代々受け継いでいる印をミカサに入れます(5話『絶望の中で鈍く光る』)。

ミカサ

うぅ・・・痛いよぅ・・・

ミカサの母親

よく我慢できたね・・・ミカサ、この印は私達一族が受け継がなきゃいけないものなの、ミカサも自分の子供ができた時にはこの印を伝えるんだよ?

死亡

ミカサ母 最期

ミカサの父親

もうじきイェーガー先生が診療に来る頃だから先生に聞いてみようか・・・早速来たみたいだ・・・

844、母親がミカサにアッカーマン一族の印を入れている際、純血の東洋人の血を引くミカサの母親を狙った3人組の誘拐犯が押し寄せます。ミカサの父親は玄関の扉を開けた途端、刃物で刺されて倒れます。続いて誘拐犯はミカサの母親の右肩を斧で斬ります。しばらくしてから診断に訪れた医師グリシャ・イェーガーと息子のエレンがミカサの両親の死亡を確認します(6話『少女が見た世界』)。家族を失ったミカサは、イェーガー家の養子に迎えられます。

ミカサの母親

更新中

エルヴィン

あの勇敢な死者を想うことができるのは生者である我々だ!!(⇒進撃の巨人の死亡者と最期のシーンまとめ

Sponsored Link
レク336
レク336

Share this post / シェアしてね(はぁと

Follow me / フォローする

Sponsored Link
トップへ戻る