進撃の巨人ミカサとリヴァイは血の繋がった親戚である考察

ミカサとリヴァイは親類か考察

ミカサとリヴァイは、進撃の巨人の強いキャラで、どちらも名字はアッカーマンです。

二人は性格も似ています。

リヴァイの叔父ケニー・アッカーマンの話から、ミカサとリヴァイは血の繋がっている親戚、身内である可能性が高いです。

リヴァイの家族の分家

進撃の巨人65話『夢と呪い』で、リヴァイの叔父であるケニー・アッカーマンは爺さんに分家の事を話します。

『分家の方だが・・・南のシガンシナ区の辺りに移ったそうだ・・・ただそこにも商売の邪魔をする奴らが現れて・・・どうにも・・・貧しいままのようだ(進撃の巨人65話『夢と呪い』ケニー・アッカーマン談)』

分家とはどういう意味か?

『分家とは、ある家に属する家族が、その意思に基づき、その家から分離して新たに家を設立することをいう。(WikiPediaより)』

シガンシナ区に移り住んだケニーアッカーマンの家族の分家は、ケニーの身内です。

ミカサの父親と家族

ミカサはシガンシナ区出身で、アッカーマン一族の父親と東洋人の母親の間に生まれました。

野菜を作ったり、狩猟をしたり、山奥でひっそりと暮らしていました。

そしてミカサが幼い頃、母親の誘拐を目的とした誘拐犯にアッカーマン父親と東洋人母親が殺害されます。(進撃の巨人6話『少女が見た世界』

母親はアッカーマンではありませんが誘拐犯に目を付けられるなど家の周辺は物騒だったようです。

リヴァイとミカサは親戚

ケニーの話から、シガンシナ区に引っ越した分家とは、ミカサの父親の家族のことであると考えられます。

商売の邪魔をする姑息な連中や人身売買で生計を立てるような連中が周囲にいたことも合っています。

このように、リヴァイとミカサは血が繋がっている親戚の可能性が高いです。

関連記事

Sponsored Link
レク336

Share this post / シェアする

Follow me / フォローする

Sponsored Link
Sponsored Link
レク336

Comments

  1. 進撃の巨人 より:

    アッカーマン頭首の世継ぎの家系がケニーの家で
    その他のアッカーマンは分家と思っていたが
    ケニー父や祖父とミカサ祖父・曾祖父が兄弟で分家したばかりの可能性もあるか

トップへ戻る