お前たち、79話の状況を説明する【進撃の巨人まとめ】

進撃の巨人79話

進撃の巨人79話『完全試合』まとめ

進撃の巨人79話【完全試合】、内門側はジーク戦士長こと獣の巨人の超音速投石でリヴァイ・エルヴィン以外の古参調査兵団全滅。超大型がいるシガンシナ区側は火の海、104期以外の生存は絶望的。エレンは気絶中。

エルヴィンの策は?超大型の倒し方は?座標発動?壁巨人起動?ついに巨人化薬を使うのか?新兵に期待?

調査兵

表題の通り、79話の状況を説明する

Sponsored Link
レク336

79話状況まとめ

調査兵

以下、79話末尾時点の状況だ

  • ハンジ・モブリットの生死不明
  • ライナーの再生具合不明
  • 獣の巨人が投石攻撃を続けている、家はほとんど倒壊した
  • 内門側の生存者はリヴァイ・エルヴィン・マルロら新兵のみで『ディルク・マレーネ・クラース班』を含むベテラン調査兵は全滅
  • 超大型が炎をシガンシナ区中にまき散らしながら壁へ向かっている
  • 超大型に蹴りあげられた巨人エレンが壁上で仰向けで倒れている

79話エルヴィンの見解まとめ

ネス

お前たち、これがエルヴィン団長の見解だ

  • 獣の巨人は投石攻撃の射程に入れるため兵士が前方の一か所に集まるように小型の巨人を操っていた
  • 獣の巨人の投石が続けば建物が破壊され身を隠せなくなる
  • 炎の海になっている壁の向こうシガンシナへ移動したとしても馬は置いていくしかない
  • この場を退いても勝てない
調査兵

超大型はエレン達が倒すだろう

シガンシナ区側

進撃の巨人79話

進撃の巨人79話 シガンシナ区サイド

炎をまき散らしてシガンシナ区を火の海にした超大型は、巨人エレンとミカサ・アルミン・ジャン・サシャ・コニーで倒すしかない。

伏線:ジャン「必ず、弱点があるはずだ」

進撃の巨人79話

進撃の巨人79話 希望を捨てないジャン

調査兵

キルシュタインが何度も「手はあるはずだ」と言っている

「超大型の弱点をあぶり出せ!必ず手がかりがある!きっと何か手はあるはずだ!」とジャンは希望を捨てません。

少し離れた所から観察するアルミンが発案するのかも。

超大型の倒し方

調査兵

進撃の巨人ゲームでは超大型を倒すときはうなじを直接狙わず、低い位置にある身体の一部を攻撃して高さを奪う

同じ方法で超大型を倒す可能性も。まあでもゲームと同じ倒し方にはしないか。

予想:壁の中の巨人起動

エレンの座標により

超大型に蹴り飛ばされた壁上に倒ているエレンが座標を発動し壁中巨人が動き出す。

しかし座標に関しては、追い詰められて座標発動の展開は過去(エレン奪還)にあったし、また同じ展開にはしない・・・はず。

座標以外のトリガー

エレンの座標以外の何かがトリガーとなって壁の中の巨人が動きだす。そして人類側に加勢し超大型や獣の巨人を襲う。

調査兵

内門側には、リヴァイ兵長とエルヴィン団長がいるんだ

内門側

進撃の巨人79話

進撃の巨人79話 内門側

獣の巨人が投石攻撃中の内門側に残った調査兵団は、エルヴィン・リヴァイ・マルロら新米兵士達のみ。他のベテラン調査兵は全滅。

新米調査兵士

進撃の巨人79話

進撃の巨人79話 内門側 リヴァイと新兵

オルオ

調子に乗るなよ新兵・・・お前らのような小便臭いガキ共にリヴァイ兵長が付きっきりになるなど—

新米調査兵士が多数存命。

会社とかでも社会に埋もれていない新人の方がとんでも発想するっていうし、新米調査兵士がとんでも発想で支援するという展開もありうる。

エルヴィンの策は

進撃の巨人79話

進撃の巨人79話 エルヴィンの策

調査兵

エルヴィン団長のことだ、きっと他に策を用意してあるはずだ

グンタ

団長を信じろ

ぺトラ

リヴァイ兵長もいるんだからね

エルヴィンは何か作戦を考え出しているように見えます。

巨人化薬の使い方

ここまで追い詰められると、リヴァイが管理する『巨人化の薬』を使用する展開も。

注射をうつのは誰か

片腕を失ったエルヴィン、ポテンシャルの高いリヴァイかミカサ。

巨人化失敗

巨人化薬が効かず巨人化できないというオチも?

薬が効かないというのは、巨人の能力でアッカーマン一族を操れないのでアッカーマン姓のリヴァイとミカサには巨人化薬が効かず巨人化できないという可能性です。

ミケとハンジの扱いの違い

進撃の巨人79話

進撃の巨人79話 皆に心配されるハンジ

ハンジを心配するコニー、ハンジの安否を何度も心配するリヴァイ。

ハンジを心配するシーンが何度も登場。

一方、ミケが死んだ時は完全スルーだった。

79話で判明:超大型が歩く

ベルトルト覚醒

進撃の巨人79話

進撃の巨人79話 超大型の歩行

調査兵B

超大型が歩行しただと!?そんな事実は報告書に記載されていなかったぞ

以前の超大型は、壁上を掴んでどうにか立っていたり、壁の上で巨人化して不完全に巨人になったり、歩行できそうな感じではなかった。しかし今回は、ライナーとの約束で意志が強くなり、より強い巨人になれたのだろうか。

リヴァイ疲労か

独りで多数の小型巨人の相手をしていることが原因なのか、このところリヴァイが息切れをするなど疲労を見せる場面が過去にあった。

獣が異常

79話でリヴァイが獣の巨人の投げた石が目の前にやってくるまで気づくことができず、もしかして相当疲れているのでは?と思わせたが、獣の巨人の投石が音速を超えていたため気づかないのは仕方ない。(⇒獣の巨人 分析)

進撃の巨人79話 リヴァイ

80話は震えた

新兵たちが辛すぎる。まさかのモブリット死亡確定、ハンジは生きてる可能性大。ベルトルトに殺される兵士ライナーの展開くるか(⇒進撃の巨人80話

『進撃の巨人79話』関連記事

Sponsored Link
レク336
レク336

Share this post / シェアしてね(はぁと

Follow me / フォローする

Sponsored Link
トップへ戻る