マルセル

進撃の巨人 マルセル

進撃の巨人 マルセル

マルセルは、
マーレが管理する『七つの巨人』の一つの知性巨人の力を継承したエルディア人のマーレの戦士です。

Sponsored Link
レク336

マルセル

氏名   マルセル

種    エルディア人
     巨人化能力者
性別   男

所属   マーレの戦士
称号   名誉マーレ人

初登場  進撃の巨人39話『兵士』

あらすじ

マーレの戦士

マーレ戦士 マルセルの最期

845、マルセルは、マーレの戦士として、ライナー・ブラウン、ベルトルト・フーバーと壁内人類を攻撃するために三重の壁に向かいます。

しかし、マルセルは三重の壁に到着する前に、無知性巨人のユミルに襲われるライナーを助けて食われます。

知性巨人であるマルセルを捕食したユミルは、無知性巨人として60年間パラディ島を彷徨った末、人間に戻ります。

ライナーとベルトルトとユミル

ユミルの巨人

ウトガルド城で多数の巨人に襲撃され後がなくなった時、ユミルはナイフで手を斬って塔から巨人の群れに飛び込み巨人化します。ユミルの巨人を見たライナーとベルトルトは、845に壁に向かう途中マルセルを食った巨人だと気付きます。

ライナー&ベルトルト
『・・・あ、あの巨人は・・・あの時の・・・』

この後、ベルトルトとライナーがユミルとエレンを奪って巨大樹の森に連れ込んだ時、ベルトルトとユミルは、マルセルについて話します。

ベルトルト
『・・・ユミル、君は人間に戻る時、誰を食ったか覚えているか?』

ユミル
『・・・いいや?覚えてないが・・・でもちょうど5年前ってことは・・・お前らの仲間だったのか?』

ベルトルト
『・・・』

ユミル
『私を恨んでいるか?』

ベルトルト
『どうだろう、よく・・・わからない』

まとめ

マルセルは、戦士長のジーク、アニ、ライナー、ベルトルト、四足歩行型の巨人の仲間で、パラディ島の三重の壁を攻撃する任務を背負ったマーレの戦士(故郷組)です(86話『あの日』

関連記事:

Sponsored Link
レク336
レク336

Share this post / シェアしてね(はぁと

Follow me / フォローする

Sponsored Link

Comments

  1. 進撃の巨人 より:

    すごい

トップへ戻る