キッツ・ヴェールマン

キッツヴェールマン

キッツ・ヴェールマン

キッツ・ヴェールマンは、
駐屯兵団の隊長で、精鋭部隊の司令官である

キッツは、トロスト区奪還作戦やウォール・ローゼに巨人が出現した際に駐屯兵団精鋭部隊の指揮をとる。

Sponsored Link
レク336

キッツ・ヴェールマン

氏名   キッツ・ヴェールマン

    人間
性別   男
身長   195 cm
体重   110 kg
親族   妻
     子供

所属   駐屯兵団
    隊長

初登場  進撃の巨人10話『左腕の行方』

ストーリー

トロスト区奪還作戦 編

進撃の巨人キッツの初登場のまとめ画像

キッツ・ヴェールマンの初登場回は、トロスト区攻防戦で巨人化したエレンがうなじから出てきた後です。駐屯兵団隊長であるキッツは、エレン、ミカサ、アルミンを大砲で武装した部隊で囲み、エレンの正体を証明しろ、さもなくば3人をこの場で処刑すると言います。キッツは、人類にとって脅威である巨人(エレン)を生かしてはおけないと懸念します。リコ・ブレツェンスカは、エレンらは反抗的だとキッツの考えに同意します。

キッツ
『今、貴様らがやってる行為は人類に対する反逆行為だ!!貴様らの命の処遇を問わせてもらう!!下手にごまかしたり、そこから動こうとした場合はそこに、榴弾をブチ込む、躊躇うつもりも無い!!

率直に問う、貴様の正体は何だ?人か?巨人か?

大勢の者が見たんだ!!お前が巨人の体内から姿を現した瞬間をな!!

私は貴様らに躊躇無く榴弾をブチ込めるのだ!!』

イアン・ディートリッヒは、ミカサを失えば人類にとって大損害だとキッツに警告します。エレンの答えはキッツを満足させることができず、キッツは砲撃を命令、すると2人を守ろうとしたエレンは再度巨人になります。(10話『左腕の行方』

エレンの巨人化は、キッツや他の兵士に更なる恐怖を植え付けただけでした。アルミンによる、エレンの巨人の力は人類の味方になるという嘆願はキッツには届かず、キッツは再度3人への砲撃を試みます。この対立の間、キッツにあったのは恐怖心だけなのです。キッツの砲撃命令が完全に実行される前にドット・ピクシスが止めに入り、キッツに増援の指揮に就けと身を引かせます。(11話『応える』

キッツ
『どう命乞いしようと私は規則に従うまで・・・規則に反する者は排除する』

ピクシス
『よさんか
相変わらず図体の割には小鹿のように繊細な男じゃ』

キッツはピクシスとエレンが壁の上を歩いている姿を確認すると、正体が分からない相手にボディーガードもつけずにピクシスは何を考えているのか分からんと不思議に思います。キッツの部下は部隊編成完了の報告をキッツに告げます。

キッツ
『司令が何を考えているのかわからん、得体の知れん者達を警護もつけずにあんな所に・・・』

ピクシスがトロスト区奪還作戦を告げた時、駐屯兵団の中から作戦に背く兵士が現れ、キッツは反逆者はこの場で処刑だと剣を抜きます。(12話『偶像』

キッツ
『覚悟はいいな反逆者共!!
今!!
この場で叩き斬る!!』

巨人襲来 編

指揮するキッツ

巨人がいないはずのウォール・ローゼ内地に巨人が出現し、壁が破られた可能性があるという知らせの後、キッツ・ヴェールマンは、東防衛線で駐屯兵団第一師団精鋭部隊を指揮します。キッツと部下が大砲を設置している場所まで巨人を引きつけて砲撃、止めにリコが立体機動でうなじを斬ります。(ウトガルド城)

キッツ
『まだだ!引きつけろ!
撃てぇ! 』

まとめ

駐屯兵団の隊長であるキッツ・ヴェールマンは、規律には絶対的に従います。

ドット・ピクシスはキッツの性格を『図体の割に小鹿のように繊細』と表現しています。ちなみに、195センチ110キロのキッツは、190センチ120キロのケニー・アッカーマンと近い体格をしています。

関連記事

Sponsored Link
レク336
レク336

Share this post / シェアしてね(はぁと

Follow me / フォローする

Sponsored Link
トップへ戻る