進撃の巨人の継承者グリシャ・イェーガー考察【エレンとジークの父親】

進撃の巨人グリシャ shingekin サムネ

グリシャ・イェーガーは、エレン・イェーガーとジーク・イェーガーの父親でエルディア人である。

グリシャはエレン・クルーガーから九つの巨人の一つ『進撃の巨人』と始祖の巨人を奪うミッションを託された後、壁内シガンシナ区に新住居を置き、地下室に壁外の真実を残す。

845年、グリシャはフリーダ・レイスから『始祖の巨人』を奪った後、息子エレンに進撃の巨人と始祖の巨人の力を託して死亡。

Sponsored Link
レク336

グリシャ・イェーガーとは

氏名   グリシャ・イェーガー

    エルディア人
巨人   グリシャ巨人(進撃の巨人、始祖の巨人)
性別   男
身長   182 cm
体重   78 kg
出身地  レベリオ収容区

職業   医師
前所属  エルディア復権派

初登場  進撃の巨人1話『二千年後の君へ』

グリシャ・イェーガーの親族

進撃の巨人 イェーガー家 関係図 by shingekin

グリシャは、壁内(パラディ島三重の壁)と壁外(マーレ・レベリオ収容区)、両方に家族を持っています。

パラディ島三重の壁の親族(壁内)

妻カルラ・イェーガー

息子エレン・イェーガー

養子の娘ミカサ・アッカーマン

マーレ・レベリオ収容区の親族(壁外)

妻ダイナ・イェーガー(ダイナ・フリッツ)

息子ジーク・イェーガー

グリシャの父親

グリシャの母親

妹フェイ・イェーガー

グリシャ・イェーガー経歴と考察

人生からグリシャについて考察します。

幼少期

グリシャはマーレのエルディア人収容所、レベリオ収容区で生まれ育ちます。

進撃の巨人グリシャ考察 shingekin -0

グリシャは、妹フェイを連れてレベリオ収容区を出たことを罪に問われ、マーレ政府所属のエレン・クルーガーとグロス曹長から罰を受けます。フェイはグロス曹長に連れられ、グリシャだけ解放されます。

妹フェイの残虐死

進撃の巨人グリシャ考察 shingekin snk86-18

翌日、妹フェイの無残な姿の遺体が発見されます。グリシャは酷くショックを受けます。

そりゃ当然やな

エルディア復権派のリーダー

進撃の巨人グリシャ考察 shingekin  snk86-24

グリシャは18歳になった頃、診療所に尋ねて来たエルディア復権派のグライスから、妹フェイはマーレ政府幹部のグロス曹長の犬に噛み殺された事実を知らされ、「エルディアの復権」を誓い、エルディア復権派に加わります。グリシャはリーダーとしてエルディア復権派を導きます。

楽園送り

進撃の巨人グリシャ考察 shingekin  snk86-33

しかし後にエルディア復権派に加わり結婚し妻となったフリッツ王家の末裔ダイナとの息子ジークに密告されたため、エルディア復権派メンバーは全員、楽園と呼ばれるパラディ島に送られることとなります(進撃の巨人86話『あの日』)。グリシャは、マーレの兵士から指を切断されるなどの酷い拷問を受け、エルディア復権派の活動について知っていることを全て話します。

グリシャは、パラディ島の海沿いにある壁の上に連れて来られます。グリシャの隣に連れて来られたグライスはグリシャに暴言を吐き捨てた後、グロス曹長に人間のまま突き落とされます。グリシャは、エルディア復権派の同志が次々に無垢の巨人(知性の無い巨人)にされる姿を見て悲しみます。

グリシャは最後の一人になり、ついにグロス曹長に壁から突き落とされそうになる所をエレン・クルーガーに助けられます(進撃の巨人87話『境界線』)。

『進撃の巨人』継承&余命13年

進撃の巨人グリシャ考察 shingekin -2

グリシャはエレン・クルーガーを捕食し『九つの巨人』の一つ『進撃の巨人』を継承します。

『九つの巨人』の寿命は13年

『九つの巨人』を継承したグリシャの余命は13年になります。

クルーガーから託された使命

進撃の巨人グリシャ考察 shingekin -1

グリシャは、クルーガーから使命を託されます。エルディアの復権に向けて、パラディ島三重の壁の王家が持っている始祖の巨人を奪い返すという使命です。

パラディ島三重の壁での新しい人生

人間に戻ったグリシャと遭遇したキース・シャーディス

グリシャは、シガンシナ区のウォールマリアの壁門の側でうろついている所を12代調査兵団団長キース・シャーディスに発見されます。グリシャは名前と医師であること以外の記憶を失っています。

グリシャは三重の壁の中で、医師として生計を立て暮し始めます。ウェイトレスをしていたカルラと結婚し、エレンを授かります。844年、ミカサ・アッカーマンの両親死亡後、ミカサを養子に迎えます。

グリシャの手記

グリシャは自宅の地下室に3冊の手記を残します。グリシャはその本に、幼い頃から、クルーガー(フクロウ)に導かれたエルディア復権派の活動記録や、エルディア人、知性巨人の起源などについて書き留めます。グリシャの本は後のウォールマリア奪還作戦でエレン、リヴァイ、ハンジ、ミカサに回収されます(進撃の巨人85話『地下室』)。

レイス家襲撃&『始祖の巨人』継承

グリシャ巨人フリーダ食う

845年、ウォール・マリア陥落直後、グリシャは礼拝堂で祈りを捧げるレイス家を襲撃します。グリシャは巨人化し、巨人化したフリーダ・レイスを捕食し『始祖の巨人(座標)』を奪った後、ロッド・レイスを除くレイス家の人々を次々に惨殺します。

グリシャ死亡

グリシャ最期

レイス家を惨殺した後、グリシャは森にエレンを連れ出し、地下室の鍵をエレンの手に巻きつけた後、注射を打ってエレンを巨人化させ自身を捕食させます。『始祖の巨人』と『進撃の巨人』はエレンが継承します。

グリシャは15年も生きたのか考察

キース・シャーディス「私がグリシャと出会ったのは、20年前になるか。場所は、壁の外だった。」

850年、ウォールマリア奪還作戦直前、エレン達がキースに話を聞きに来た時、キースは、壁の外でグリシャと遭遇したのは20年前になるかと言っています。

は!?ってことはグリシャは進撃の巨人を継承してから15年も生きたのか?

この疑問について考察したいと思います。

進撃の巨人グリシャ ユミルの呪い

キースの発言通り20年前だとすると、グリシャが壁に到達したのは830年です。グリシャは壁に到達する前に、楽園送りの場所でクルーガーから進撃の巨人を継承しています。

そうすると、843年にはユミルの呪い(13年の寿命)で死亡しているはずです。

しかし・・・

進撃の巨人グリシャ 死亡

実際、845まで生きていました。

え、じゃあ、グリシャは15年も生きたのか?

ここで、キースの台詞が「20年前になるか」なので、20年前くらいだったかなあ?ととらえることができると思います。

進撃の巨人グリシャ 832で進撃を継承

グリシャは845年に死亡してるので、早くて832年には進撃の巨人を継承しています。グリシャが急いでエレンに継承させたのをみると、845年がグリシャの寿命の年だと考えられるので、832年が継承した年でしょう。

そうすると、キースの発言「大体20年前」は、18年前ということになります。2年の誤差なら、20年と言うこともあるでしょう。

ちなみに、グリシャは壁内居住者として勝手に壁の外に出たことになっているので、壁外から来たとはキース達は思っていません。

【関連記事】

グリシャの前妻ダイナ・フリッツの人生と考察

エレン・イェーガー考察

獣の巨人の継承者ジーク・イェーガー考察

進撃の巨人の死亡者と最期のシーンまとめ

九つの巨人について考察と解説

Sponsored Link
レク336
トップへ戻る