フロック

進撃の巨人 フロック

進撃の巨人 フロック

フロックは、
第104期訓練兵団を卒業後、駐屯兵団に入団しますが、ウォールマリア奪還作戦直前に調査兵団へ編入します。

フロックは初登場回からメインのキャラクターによく絡んでいる人物です。名前が無いことから『モブ』と呼ばれていましたが、84話で名前が判明しました。

容姿は、くしゃくしゃのブロンドヘアー。フロックの経歴・人物紹介、メインキャラとの絡みについて

Sponsored Link
レク336

名前が判明

フロックの名前判明

フロックの名前を言うエレン

フロックは、『名も無き兵士』の代表格でしたが、名前が明らかになったのは84話です。

駐屯兵団から調査兵団へ

フロック調査兵団へ

フロックは、104期訓練兵卒業後、駐屯兵団に所属していたが、ウォールマリア最終奪還作戦の前に駐屯兵団から調査兵団へ編入

調査兵団は、ウォールマリア奪還作戦の兵員を補うため、駐屯兵団へ募集をかけていた

104期訓練兵 卒業

フロックは、104期訓練兵卒です。

ジャンと絡むフロック

フロックら104期の食事

調査兵団 新兵の食事

最初から調査兵団にいる104期と、駐屯兵団や憲兵団から編入してきた新兵がいます

ジャンが「はしゃいでんのは実践経験が無い編入の連中だけだ」とからかうと、

フロック「そんなに駐屯兵団くずれは頼りにならねぇかよ、お前らと同じ104期だろ?」

ジャンは、何で調査兵なんかになったんだ?と返します

ウォールマリア奪還は目の前だ、兵士よ集えって、調査兵から兵員不足で募集をかけてきたんだろ、編入の新兵だけでなく、世間全体が浮かれている、と言うフロック

さらに、ジャンたち訓練兵卒業直後から調査兵団にいる同期に、面構えっていうか・・・お前ら本当に変わったよな、一体何があったんだ?と不思議がります

ウォールマリア最終奪還作戦

駐屯兵団から調査兵団へ編入したフロックは、ウォールマリア最終奪還作戦に参加

故郷組が待ち構えている決戦の地、シガンシナ区へやって来ます

しょっぱなから敵の故郷組が一斉に巨人化

フロックら新兵とエルヴィン、リヴァイを含むベテラン兵士はウォールマリア内門側で獣の巨人の相手をします

すると、獣の巨人が投石攻撃を開始

エルヴィンとリヴァイ以外のベテラン兵士は全滅し、新兵らは大パニック

リヴァイに怒られるフロック

リヴァイに助けてもらうフロック

フロックは腰を抜かしてしゃがんでしまいます

フロックを立たせようとするリヴァイ兵長

マルロに怒られるフロック

マルロに怒られるフロック

守るべき馬を逃がしてしまったことをマルロに非難されるフロック

しかし、フロックは誰も生きて帰れないんだから馬を守ったって意味ないと大泣きしてパニックになります

自分だけは特別

調査兵団への勧誘のとき『誰かを犠牲者にさせないために自分を犠牲にできる勇敢な兵士は誰だと聞かれたとき、それは俺だ』と思ったが、この獣の巨人の投石による惨状に直面して『無意味に死ぬ人が圧倒的に多いはずなのに自分だけは特別』だと思ったことを後悔

フロックは自分に自信があるようです

エルヴィン団長に反発するフロック

エルヴィンに反発するフロック

エルヴィン団長が新兵に獣の巨人への特攻作戦を告げます

フロック『俺達は今から死ぬんですか?・・・どうせ死ぬなら最後に戦って死ねということですか?いや、どうせ死ぬなら・・・どうやって死のうと命令に背いて死のうと・・・意味なんか無いですよね・・・?』

フロックたち新兵はエルヴィンの命令通り、特攻作戦に従います

騎馬特攻するフロック

特攻するフロック

馬に乗って信煙弾を撃ちながら獣の巨人へ特攻するフロックたち

フロックはマルロの左側にいます

新兵が投石に打たれて死亡

新兵たちが一斉に獣の巨人の投石にやられます

マルロの左側にいるフロックの描写はありません

ただ一人生き残ったフロック

生き残ったフロック

獣の巨人が投げた石で無残に切り裂かれた新兵の遺体の中で、起き上がる一人の新兵

そのたった一人、無傷で生き残った新兵は、フロックだった

後ろには残りの巨人と一人で戦うリヴァイの姿

フロックは、他に生き残りがいないか探します

エルヴィンを生かすフロック

エルヴィンを殺そうとしたフロック

フロックは倒れたエルヴィンを発見

エルヴィンは左横腹の内蔵がひどくえぐれて出血が止まらないものの、まだ息をしているのです

フロックは一旦はエルヴィンにとどめを刺してやろうとしたが、思いとどまります

エルヴィンを生かすことにしたフロック

エルヴィンにはまだ地獄が必要だ、巨人を滅ぼすことができるのは悪魔だ、悪魔を再び蘇らせるのが生き残った自分の使命だ

フロックはエルヴィンを巨人化の注射を管理するリヴァイの元まで運んでいくことに

エルヴィンを背負ってきたフロック

ウォールマリア内にいたフロックは92kg 188cmのエルヴィンを背負って、ウォールマリアの壁を越えてシガンシナ区へ、そして到着したばかりのリヴァイのもとへ追いつきます。

しかし、目の前では一つしかない注射をめぐってリヴァイ、エレン、ミカサが揉めています

フロックは戸惑いますが、壁の反対側で起きた惨状について言って聞かせます

人類を救うのは、エルヴィン団長だ

俺達みんなが全滅するかと思ったけどエルヴィン団長はどうにかして獣の巨人を倒す作戦を編み出して実行した、新兵は自分以外は全員死んだ、お前らばかりが辛いと思うなよ!

そう言うとフロックはミカサに向かって突進します

ミカサに突撃するフロック

ミカサに突進するフロック

フロックはミカサに斬られそうになるが、ハンジがミカサを抑えたため助かります

エレンを抑えるフロック

エレンをおさえるフロック

エレンは、エルヴィンに注射をしようとするリヴァイの足を掴んでアルミンに打つように説得します

フロック『オイ!!もうやめろよ』

エレンを抑えるフロック

リヴァイは、ベルトルトをエルヴィンに食わせるから全員離れろと命令

エレンを抱えて離脱するフロック

フロックはエレンを抱えてその場から離脱します

しかし、リヴァイはエルヴィンではなくアルミンに注射を打つことに

アルミンが巨人化します

リヴァイに問うフロック

リヴァイに問うフロック

エルヴィンよりアルミンを選んだ理由を、リヴァイに聞くフロック

フロック『どうして・・・ですか?』

進撃の巨人 フロック まとめ

フロックは、調査兵団の生き残り9名の一人で、名前が分かり、やたら主人公格に絡んでいるキャラクターで、モブと呼ばれてたわりに目立っています。

この突如現れた新キャラのフロックは最後まで生き残るキャラなんでしょうか。今後のフロックの活躍に期待

■壁上で見張りをするフロック(⇒進撃の巨人 85話

■ウォールマリア奪還作戦、出発前夜から帰還まで(⇒調査兵団の生存者は9名

■駐屯兵団時代からのフロックの同期のサンドラは惜しくも特攻で死亡(⇒サンドラのキャラクター紹介

Sponsored Link
レク336
レク336

Share this post / シェアしてね(はぁと

Follow me / フォローする

Sponsored Link
トップへ戻る