ディルク・レイス

進撃の巨人 ディルク

進撃の巨人 ディルク ・レイス

ディルク ・レイスは、
ロッド・レイスの14歳の息子で、フリーダとウルクリンの弟で、フロリアンとエーベルの兄である。

Sponsored Link
レク336

ディルク ・レイス

氏名   ディルク ・レイス

    人間
性別   男
親族   レイス家
     初代レイス王
     レイス王
     ロッド・レイス
     レイス夫人
     フリーダ・レイス
     ウルクリン・レイス
     エーベル・レイス
     フロリアン・レイス
     ウーリ・レイス

所属   王政

初登場  進撃の巨人62話『罪』
死亡回  進撃の巨人63話『鎖』

あらすじ

845以前

ウーリを捕食するフリーダ

ウーリから巨人能力を継承するフリーダ

845になる前、幼いディルクは家族と一緒に、長女のフリーダが叔父のウーリ・レイスを捕食する光景を見守ります。レイス一族が初代王から代々受け継いでいる『巨人の力』と『世界の記憶』を次の世代に継承する、レイス家の使命となっている儀式です。

ウーリ・レイスは、ロッド・レイスの弟で、ロッドに代わって父親から巨人の力を受け継いでいました。その巨人の力は、この儀式を経てウーリからフリーダへ受け継がれます。

845

グリシャ対フリーダ

グリシャ対フリーダ

845、ウォールマリアの壁が破られた時、グリシャ・イェーガーはレイス家の礼拝堂で祈りを捧げているレイス一家を襲撃します。グリシャが巨人化すると、フリーダも巨人化します。

ロッド曰く、フリーダの巨人は最強だが、フリーダは経験が浅く力を使いこなせず、グリシャに食われてしまいます(63話『鎖』)

フリーダを捕食したグリシャは、他の家族を次々に殺害します。

ディルク死亡

ディルク(左)とエーベル(右)

ディルクは最期、グリシャ巨人に叩きつぶされて死亡します。レイス家でロッドだけが運よくグリシャから逃げ切ります。

レイス家

ディルクとレイス家

レイス家

右から2番目の黒髪の少年が14歳のディルクです。フリーダとウルクリンの弟で、フロリアンとエーベルの兄です。一番右にいる長男のウルクリンと父親のロッドに似ています。

進撃の巨人の登場人物の死亡シーン一覧

Sponsored Link
レク336
レク336

Share this post / シェアしてね(はぁと

Follow me / フォローする

Sponsored Link
トップへ戻る