大地の悪魔

進撃の巨人 大地の悪魔

大地の悪魔

大地の悪魔は、
エルディア神話に登場する悪魔である。

大地の悪魔はユミル・フリッツと契約を交わし『始祖の巨人の力』を与えた。

ユミル

大地の悪魔の紹介をする

Sponsored Link
レク336

大地の悪魔

氏名   大地の悪魔

初登場  進撃の巨人54話『反撃の場所』

あらすじ

反乱 編

ユミル

部屋で待機している時に、ヒストリアはフリーダ・レイスに見せてもらった絵本の夢を見た・・・

フリーダレイスの絵本の大地の悪魔

フリーダ・レイスがヒストリアに見せた絵本の中には、悪魔とリンゴを持った女の子がいます(54話『反撃の場所』)

ユミル

オイ、よく見ろ、リンゴを持った少女と悪魔がいるだろ?

ウォールマリア奪還作戦 編

ユミル

ウォールマリア奪還作戦で、調査兵団はようやく地下室にたどり着いた

調査兵団はシガンシナ区にあるイェーガー家の地下室で、グリシャが残した3冊の本を手に入れます(進撃の巨人85話地下室)。グリシャの本には、マーレにいた頃のグリシャの過去を中心に、古代エルディア帝国、知性巨人の起源、エルディア人ユミルの民)の始祖であるユミル・フリッツについて書かれています。(進撃の巨人86話あの日

ユミル

エレンの親父の本には、大地の悪魔やユミル・フリッツ、エルディア人(ユミルの民)のことが書いてあったんだよ

大地の悪魔とユミルフリッツの契約

1820年前、大地の悪魔はユミル・フリッツと契約し『始祖の巨人の力』を与えます。巨人の力を得たユミル・フリッツは、道や橋を造るなど大陸の発展させます。ユミル・フリッツが死亡した後、ユミルの『始祖の巨人の力』は『九つの巨人』に魂を分けられ、エルディア帝国を築き上げます。

ユミル

大地の悪魔はユミル・フリッツに巨人の力をやったんだよ。それが全ての巨人の始りだ

マーレの文献とレイスが持つ文献

マーレとレイスの違い

マーレの歴史文献に描かれた大地の悪魔は、フリーダ・レイスの絵本に登場する『悪魔』に似ています。

フリーダ・レイスは、パラディ島にある『三重の壁』の中のレイス王家の一族で、『始祖の巨人』を継承しています。

ユミル
マーレとレイスの大地の悪魔は似ているだろ?

正体

そもそも『大地の悪魔』とは何なのか。

言い伝えでは『悪魔』と言っていますが、普通の人間か組織だと思います。

マーレでもエルディアでもない別の人種が科学で巨人の力を発明し、ユミルフリッツを利用して自分達が得をするように仕向けた。

巨人の力を作った悪いやつだから悪魔と伝えられてきたんでしょう。

ユミルは大地の悪魔の正体を知っていそうです。もしかしたらヒストリアへの手紙に書かれているかもしれません。

有機生物の起源

クルーガー
始祖ユミルは『有機生物の起源』と接触した少女・・・そう唱える者もいる(88話『進撃の巨人』)

『九つの巨人』の一つ『進撃の巨人』を継承したエレン・クルーガーの言う、ユミルフリッツが接触した『有機生物の起源』は大地の悪魔のことでしょう(⇒88話『進撃の巨人』

ユミル
この記事は随時追加更新だ

『大地の悪魔』関連記事:

Sponsored Link
レク336
レク336

Share this post / シェアしてね(はぁと

Follow me / フォローする

Sponsored Link

Comments

  1. 白い長老 より:

    「せー」が大地の悪魔及び有機生物の起源じゃないでしょうか。

トップへ戻る