進撃の巨人77話ジーク戦士長の名前の由来【ネタバレ考察】

ジーク戦士長

ジークとジークフリート

77話「彼らが見た世界」で、獣の巨人の中の人間の名前が明らかになり「ジーク」だと分かりました。

ジーク戦士長の名前は、北欧神話の「ジークフリート」やドイツ語で「勝利」を意味する「ジーク」と関係あるのか。この「ジーク」という名前について。

Sponsored Link
レク336

進撃の巨人77話「獣の巨人」の名前が「ジーク」と判明

進撃の巨人77話で、ついに「獣の巨人」の名前が分かります。

四足歩行型巨人に「ジーク戦士長」と呼ばれる

ジーク戦士長

日本語版進撃の巨人77話 四足歩行型巨人「ジーク戦士長」

シガンシナ区の壁の上で、獣の巨人の中の人が、ライナー、ベルトルトと焚き火を囲んでいると、壁の下から四足歩行型巨人に「ジーク戦士長」と呼ばれます。

ジーク戦士長の名前の由来について2つの説

「ジーク戦士長」の「ジーク」という名前の由来について2つの説。

説一:北欧神話に関する「ジークフリート」説

一つ目の説は、ジーク戦士長は、北欧神話に登場する「ジークフリート」に関係があるという考察。北欧神話上の「ジークフリート」とは、北欧神話に登場する英雄シグルズが、ドイツの英雄叙事詩「ニーベルンゲンの歌」の主人公ジークフリートと起源が同じであるということ。

進撃の巨人は北欧神話との共通点が多い

特に進撃の巨人は北欧神話と共通点が多いのでこの説がでてきます。

説二:ドイツ語で「勝利」を意味する「ジーク」説

二つ目は、ドイツ語の「勝利」という言葉の「ジーク」説。理由は、進撃の巨人の固有名詞がドイツ語中心で、ドイツ語「勝利」のカタカナ読みが「ジーク」だから。

2つの説の「ジーク」とはスペルが違う

ジーク戦士長の名前の由来について2通りの説をあげましたが、「ジーク」の英文字スペルに注目。

ジーク戦士長

英語版進撃の巨人77話 四足歩行型巨人「War-Chief Zeke」

英語版進撃の巨人77話によると、ジーク戦士長のスペルは「Zeke」

海外で出版されている、英語版進撃の巨人77話を確認すると、ジーク戦士長のスペルは「Zeke」になっています。「ジーク戦士長」=「War-Chief Zeke」です。

北欧神話と勝利のスペルは「Sieg」

一方、北欧神話の「ジークフリート」のスペルは「Siegfried」。ドイツ語「勝利」のスペルは「Sieg」です。

「ジーク」の英文字スペル違い

このように、「ジーク戦士長」=「Sieg戦士長」ではなく、「Zeke戦士長」なので、スペルが違います。

「Zeke」に特別な意味は無い

「Zeke」の意味。

Wikipediaによる「Zeke」

Wikipediaによると、「Zeke」は特別な意味を持っておらず、人名やニックネームに使われる英単語のこと。

例えば、アメリカ軍が零戦に付けたコードネームがジーク(Zeke)です。

まとめ

ZekeとSiegは発音も語源も違う全く違った言葉なので、ジーク戦士長の名前は「ジークフリート(Siegfried)」や「勝利(Sieg)」ではないですが、日本語での音が同じなので掛けてるかもしれません。

ジーク戦士長の元ネタまとめ

『ジーク戦士長』関連記事

Sponsored Link
レク336
レク336

Share this post / シェアしてね(はぁと

Follow me / フォローする

Sponsored Link
トップへ戻る